ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島市立学校に勤務する県費負担教職員に係る公務災害の事務移管について(お知らせ)

印刷用ページを表示する掲載日2017年3月14日

 市町村立学校職員給与負担法の改正に伴い,広島市立学校に勤務している教職員のうち,県が給料を負担している,いわゆる県費負担教職員について,平成29年4月1日から給与が県費負担から広島市負担へと変更になります。

 これに伴い,当該教職員に係る公務災害補償関係の事務についても,平成29年4月1日から地方公務員災害補償基金広島県支部から地方公務員災害補償基金広島市支部へと移管されます。

 広島市立学校に勤務する教職員に係る認定請求や療養補償費の請求等の提出先は,平成29年4月以降は,地方公務員災害補償基金広島市支部となりますので,提出先に誤りのないようにしてください

【地方公務員災害補償基金広島市支部】
〒730-8586
広島市中区国泰寺町一丁目6番34号 広島市企画総務局人事部給与課内
電話082-504-2055
※広島市立学校職員を含む広島市職員の公務災害補償等の事務は広島市支部で行います。

なお,広島市職員以外の県内の地方公務員(広島市立学校以外の公立学校の教職員を含む。)の公務災害補償等の事務は,これまでどおり広島県支部で行います。

関係職員の皆様・医療機関の皆様へのお知らせ。 (PDFファイル)(108KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする