ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HCV・HIV血液等接触の場合の療養補償の取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 「HCV又はHIVに汚染された血液等に接触した場合における療養補償の取扱いについて」(平成6年1月31日地基企第5号)の一部が改正され,「受傷等の後HIV感染の有無が確認されるまでの間に行われた抗HIV薬の投与は,感染の危険に対し有効であると認められる場合には,療養補償の対象とするものとする。」とされました。

 このことについて,添付のとおり関係団体へ通知をしました。

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする