ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「新たな総合計画」に関する答申(平成22年10月19日提出)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 広島県総合計画審議会(会長 福田 督 中国経済連合会会長)から,平成22年10月19日,新たな総合計画に関する答申が,湯崎知事に提出されました。

 同審議会は,平成21年6月12日に諮問を受け,現在の本県を取り巻く社会経済状況等を踏まえ,おおむね10年後を見据えた本県の目指す姿や,その実現に向けた今後の取組の方向等について調査審議を行ってきました。

 この度,「ひろしま未来チャレンジビジョン(案)」がまとまり,これまでの審議を踏まえて,最終審議を行った結果,適当と認めるとの結論を得たことから,この日の答申となったものです。

 答申では,県に対し,ビジョンを推進するため,集中的な広報・普及を図り,県民主体で取り組む機運づくりに努めるよう求めています。

⇒「答申」及び「ひろしま未来チャレンジビジョン(案)」は,ページ下部の【ダウンロード】から御覧ください。

  総合計画審議会のようす1 総合計画審議会のようす2

 県では,この答申を基に,今月中に「ひろしま未来チャレンジビジョン」を策定する予定です。

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする