ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 雇用・労働 > 仕事と家庭の両立 > こどもの職場参観日 > 東京海上日動火災保険株式会社 (広島支店ほか)

東京海上日動火災保険株式会社 (広島支店ほか)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月19日更新

東京海上日動火災保険株式会社(広島支店ほか)の取組

平成27年度

  • 「保険の仕組み」と「実際にどのような時に役に立つのか」を理解するため、人形劇・人生ゲーム・職場見学を行いました。
  • 子供への親の仕事に対する理解を深めることで、「親の仕事」という切り口で子供とのコミュニケーションをとるきっかけとなりました。

職場と家庭が接点を持つ貴重な機会となり、家庭と仕事の両立について、「職場」「家庭」双方の理解が深まりました。

自己紹介と働くことの体験を目的に名刺交換を行ったあと、「保険の仕組み」を理解するために人形劇を見ました。
その後の職場見学では、あらかじめ「保険の仕組み」を学んでいたため、実際に親が働いている職場を見て、「どのような仕事をしているのか」イメージが湧いた様子でした。
人生ゲームでは、実際に自分で保険を選んで入ることで、日々の生活においてどのような時に保険が役に立つのかを、楽しみながら学びました。
今回のイベントを通じて、「職場」には家庭の状況への理解を、「子ども」には働く親の立場への理解を、より一層深めることができました。
名刺交換 人形劇 人生ゲーム キャラクターとの記念撮影

こどもの職場参観日の取組

開催日時

平成27年7月28日(火)

開催場所

広島支店ほか

こどもの参加人数
(学年または年齢)

17人
(小学校1年~6年)

こども以外の参加人数

主な取組内容

名刺交換、人形劇、人生ゲーム、職場見学を実施しました。

取組のきっかけや背景

女性の活躍推進、働き方の変革、CSRの取組の一環として、当社社員の子供に職場を訪問してもらい、仕事の内容について理解を深めてもらうと共に、親子の相互理解、コミュニケーション活性化につなげるために開催しました。

取組にあたって工夫した点・苦労した点

広島では初めての開催となりますので、子どもにお父さん・お母さんの仕事内容・仕事姿を理解してもらえるために、「保険の仕組み」と「実際にどのような時に役に立つのか」を小学校低学年でも理解できるよう、人形劇・人生ゲームを通じて、わかりやすく伝える工夫を行いました。「人形劇」では、「保険の仕組みを理解する」ことに重点を置きました。「人生ゲーム」では、実際に自分で「保険を選んで」入り、日々の生活においてどのような時に役に立つのかを、楽しみながら学べるようにしました。

取組に伴う効果,従業員の変化等

【参加した従業員(保護者)の感想】
■ 子供にとって親の職場に来ることが初めての経験でしたので、とても楽しくすごせたようでした。小学校低学年ですが、保険の仕事を理解することができたようです。
■ 今回の参加を通じて、子供の親に対する仕事の理解を深めるとともに、親子交流の貴重な機会となりました。このようなイベントは、当社で働く社員にとっても、働く意欲をさらに深めるものだと思いました。
■ 職場と家庭が接点を持つ貴重な機会でした。家庭と仕事の両立に対して、「職場」「家庭」双方の理解が深まったと感じました。

参加者の声

【参加したお子様の感想】
■ とても楽しかったです。人形劇で保険の仕事が少しわかったので、お父さんが働いているところを見て、とてもうれしかったです。
■ 保険の大切さがわかりました。家に帰ったら、自動車保険や火災保険にはいっているか聞いてみます。
■ 今まで理解していたお母さんの仕事ですが、今回参加して内容がよくわかりました。保険がこんなに必要なものだと初めて知りました。

企業概要

企業名東京海上日動火災保険株式会社 (広島支店ほか)
住所〒100-8050 東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
(開催場所: 広島市中区八丁堀3-33 広島ビジネスタワー)
電話番号

082-511-9093

ホームページURL

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

業種保険業

これまでの取組企業等一覧
取組企業等の募集,紹介
こどもの職場参観日等取組発表会

県政ピックアップ