このページの本文へ
ページの先頭です。

富久長(ふくちょう)

印刷用ページを表示する掲載日2017年12月25日

銘柄情報

富久長

画像提供:広島県酒造組合

富久長ふくちょう

広島県安芸津町は、吟醸酒を発明した杜氏の里です。「富久長」は、その吟醸酒造りにこだわり、高品質な製品を、首都圏を中心とした専門性の高い酒販店にのみ直接出荷しています。真の地酒を醸すため、地元在来品種の酒米「八反草」の復活にも力を注いでいます。100年以上に渡って受け継がれた伝統と技術力で、『広島吟醸』の魅力を世界に発信しています。

種類

純米/特別純米/純米吟醸/純米大吟醸

受賞歴

平成28酒造年度全国新酒鑑評会入賞。IWC(International Wine Challenge)2017純米吟醸酒の部銀メダル、純米大吟醸酒の部銅メダル受賞。Kura Master 2017プラチナトップ10受賞。

蔵元の概要

株式会社今田酒造本店 概要
名称 株式会社今田酒造本店
所在地 東広島市安芸津町三津3734
TEL 0846-45-0003
FAX 0846-45-3712
ホームページ http://fukucho.info/

蔵元おすすめ情報

広島県において、さかのぼれる限り古い在来品種である「八反草」というお米を大切に栽培しています。2001年の暮れに、遺伝子源の収集を行っている「(財)広島県農業ジーンバンク」にその種籾が保存されていることを知り、わずかな種籾を増やしてきました。2004年の春には、高田郡農業協同組合(現在の安芸高田市)の協力をいただき、本格的に栽培を開始。現在では、4軒の農家さんと契約栽培しています。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする