ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度第2回警察官採用試験日程

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月12日
警察官採用試験日程
  第1回警察官採用試験【申込み終了】 第2回警察官採用試験【申込み終了】
受験資格 昭和62年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた者 昭和62年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた者
申込受付期間 3月1日(金曜日)~4月16日(火曜日) 7月5日(金曜日)~9月3日(火曜日)
第1次試験 5月12日(日曜日) 9月22日(日曜日)
第1次試験合格発表 5月21日(火曜日) 9月30日(月曜日)
第2次試験 6月1日(土曜日)~6月2日(日曜日)

10月5日(土曜日)~10月6日(日曜日)

第2次試験合格発表 6月11日(火曜日) 10月15日(火曜日)
第3次試験 7月10日(水曜日)~7月17日(水曜日) 11月7日(木曜日)~11月13日(水曜日)
最終合格発表 8月7日(水曜日) 11月21日(木曜日)

【申込み終了】令和元年度第2回警察官採用試験

(警視庁・千葉県・大阪府・兵庫県 共同試験)
※警察官A(男性)は,広島県,警視庁,千葉県,兵庫県のうち希望する都県を第2志望まで選択できます。
※警察官B(男性)は,広島県,警視庁,千葉県,大阪府,兵庫県のうち,希望する都府県を第2志望まで選択できます。
☆ただし,広島県以外の都府県を第1志望とする場合は,広島県を第2志望とすることはできません。

☆☆注意!今回からの変更点☆☆
申込方法が変更になりました。
受験申込手続「広島県職員採用試験ポータル」について (PDFファイル)(759KB)

受験資格

昭和62年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた者

受付

令和元年7月5日(金曜日)~9月3日(火曜日)17時

申込方法

「広島県職員採用試験ポータル」から申込みをしてください。

第1次試験

9月22日(日曜日)午前9時から
(受付開始午前8時30分から)
<1次試験合格発表:9月30日(月曜日)>

試験場所

広島会場
県立広島大学広島キャンパス 広島市南区宇品東1丁目1-71
広島YMCA国際文化センター 広島市中区八丁堀7-11
福山会場
福山平成大学 福山市御幸町上岩成正戸117-1

第2次試験

10月5日(土曜日)~10月6日(日曜日)のうち第1次試験合格通知で指定する日
<2次試験合格発表:10月15日(火曜日)>

試験場所

広島県警察学校 広島市安芸郡坂町平成か浜2丁目2-27

第3次試験

11月7日(木曜日)~11月13日(水曜日)のうち第2次試験合格通知で指定する日
<最終合格発表:11月21日(木曜日)>

試験場所

広島市内

 

試験区分
試験区分   学歴
警察官A

男性

ア 学校教育法による大学(短期大学を除く。)を卒業した者又は令和2年3月末日までに卒業見込みの者

イ 人事委員会がアに該当する者と同等の資格があると認める者 

女性
警察官B

男性

警察官Aに該当しない者

ただし,受験申込時に学校教育法による大学(短期大学を除く。)に在籍している者は受験できません。

女性

 

採用予定人員
試験区分 広島県 警視庁 千葉県 大阪府 兵庫県
警察官A 男性 18名程度 3名程度 3名程度 3名程度
女性 6名程度
警察官B 男性 35名程度 2名程度 2名程度 5名程度 2名程度
女性 7名程度

 

第1次試験
試験項目 警察官A 警察官B 内容
教養試験(択一式)

【警察官A】大学卒業程度の一般的知識及び知能についての筆記試験(2時間30分)
【警察官B】高校卒業程度の一般的知識及び知能についての筆記試験(2時間)

論文試験

思考力,構成力等についての論文試験(1時間,800字程度)
作文試験

表現力,構成力等についての作文試験(1時間,800字程度)

 

 

第2次試験(警察官A・B共通)
試験項目 内容
外形的身体検査

会場の機器を用いた視力,色覚等の検査 ※別記1参照

体力試験 職務執行に必要な体力の有無についての検査 ※別記2参照
適性検査 職務遂行に必要な適性についての検査

 

 

第3次試験(警察官A・B共通)
試験項目 内容
面接試験 使命感,信頼感,コミュニケーション力,判断力,積極性,達成力等についての個別面接試験
身体検査 職務遂行に必要な健康度を有するかどうかについての確認
(身体検査書の提出を求めます。)

別記1

外形的身体検査の基準
項目 基準

視力

両眼とも裸眼視力が0.6以上,又は両眼とも矯正視力が1.0以上

色覚

職務遂行に支障がないこと

その他

職務遂行に支障のない身体的状態であること

別記2

体力試験の種目
種目 実施方法

握力

握力計で左右を測定します。

腕立て伏せ

2秒に1回のリズムに合わせた屈伸(アゴが床にふれるまで両腕を深く屈めて再び伸ばした)回数を測定します。

反復横跳び

100cm間隔の3本ラインを左右に順次サイドステップし,20秒間のライン通過回数を測定します。

立ち幅跳び

両足で同時に踏み切って前方へ跳び,着地した位置を測定します。

上体起こし

仰臥姿勢になって両腕を胸の前で組み,両膝の角度を90度に保ち,補助者が両膝を押さえて固定した状態で,30秒間の上体起こし(両肘と両大腿部がついた)回数を測定します。

20m
シャトルラン

20m間隔で平行に引かれた2本のラインの間をだんだん早くなる合図音に合わせて折り返し走行を繰り返し,それぞれのライン通過回数を測定します。

資格加点について

対象資格
武道(柔道又は剣道) 詳細は【受験案内】をご覧ください。
語学(英語)
情報処理
※必要書類 ※資格を証明する書類(武道:賞状,語学:公式認定証など,情報処理:合格証明書など)

詳細はこちらから


矢印
☆受験案内はこちら☆
☆過去の試験問題はこちら☆
☆受験申込みの詳しいやり方はこちら☆
☆警察官の仕事についてはこちら☆

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする