ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県職員(高校卒業程度)|試験の方法

印刷用ページを表示する掲載日2016年7月1日

~ 広島県警察職員(高校卒業程度) ~

1 試験の方法

試験項目

行政(警察事務)

内容

配 点





教養試験
(択一式)
70点 公務員として必要な一般的知識及び知能についての筆記試験(2時間)
作文試験 30点 文章による表現力,構成力などについての作文試験
課題はおおむね身近な事例から出題します。 (1時間)
適性検査 配点なし 職務遂行に必要な適性についての検査




面接試験 60点

使命感,信頼感,コミュニケーション力,判断力,積極性,達成力等についての個別面接試験 
※2段階の個別面接を実施します。

 

 

注意

 

  • 教養試験は,高校卒業程度で行います。
  • 第2次試験は,第1次試験合格者についてのみ行います。
  • 最終合格者は,第1次試験と第2次試験の成績を総合して決定します。
  • 試験当日実施するすべての試験項目を受験した場合に限り,有効に受験したものとします。
  • 適性検査を除く各試験項目において,一定の基準に達しない試験項目が一つでもある場合,他の試験項目の成績にかかわらず不合格となります。
  • 教養試験は標準化点を採用しています。
  • 教養試験の例題及び平成14年度以降に実施した作文試験の課題は,行政情報コーナー(広島県庁南館1階),県立図書館及び広島県ホームページで閲覧できます。

出題分野

★教養試験(択一式)

行 政 ( 警察事務 )
知識分野 ・・・ 社会,国語,数学,理科,英語など
知能分野 ・・・ 文章理解,判断推理,数的推理,資料解釈など

過去の問題・例題はこちらから 

2 試験日・合格発表日

区 分

期日など

第1次試験 9月25日(日曜日)
午前8時30分から
受付開始 午前8時から
第1次試験
合格発表

10月14日(木曜日)
午前9時

広島県庁掲示板及び広島県ホームページに合格者の受験番号を掲示(載)します。
また,合否にかかわらず受験者全員に文書で通知します。
第2次試験 10月27日(木曜日)
から
11月2日(水曜日) 
左記のうち第1次試験合格通知で指定する日
最終合格発表 11月28日(金曜日)
午前9時
広島県庁掲示板及び広島県ホームページに合格者の受験番号を掲示(載)します。
また,合否にかかわらず受験者全員に文書で通知します。

3 合格後の留意事項

○ 行政(警察事務)の最終合格者は,採用候補者名簿に登載され,そのうちから任命権者である警察本部長が採用者がを決定します。この名簿は原則として1年間有効です。
○ 最終合格者の数は,採用見込数と辞退見込数とを基礎として決定されますので,採用数を上回ることになり,合格しても採用されないことがあります。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク