ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

30秋の特別企画展

秋の特別企画展
「霧に包まれた古墳の謎‐大王(おおきみ)の時代と三次盆地‐」

 
30秋の特別企画展チラシ(表)30秋の特別企画展チラシ(裏) 
30秋の特別企画展チラシ (PDFファイル)(4.25MB)
 霧の海で有名な三次盆地は,およそ四千基もの古墳が築かれた中国地方でも有数の古墳密集地帯であり,特に五世紀頃(古墳時代中期)に古墳が急増することが知られています。
 内陸の盆地になぜこれほどまでに多くの古墳が築かれたのでしょうか。
 本展では,「軍事」「渡来文化」といった当時の日本列島を語るに欠かせないキーワードに関連づけて,五世紀頃を中心に広島県のほか各地から発見された資料を紹介しながら,倭の五王が活躍した「大王の時代」の三次盆地の謎に迫ります。

展示期間等

展示期間 10月5日(金)~11月25日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 10月9日(火)・15日(月)・22日(月)・29日(月),11月5日(月)・12日(月)・19日(月)
入館料 一般 500円(400円) 高校・大学生 380円(300円) 小・中学生 250円(200円)
※( )は20名以上の団体料金
※次の方は入館料が免除になります。
(1)身体障害者手帳,戦傷病者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の交付を受けている方。
(2)高校までの学校教育活動として入館する園児・児童・生徒及び引率者の方。

 

関連イベント

第1回記念講演会(文化財講座3) 「古墳時代の渡来文化」

30-3文化財講座チラシ
30-3文化財講座チラシ (PDFファイル)(329KB)

 古墳時代は,古代国家形成期と言われます。その国家形成に大きな役割を果たしたのが渡来人であり,多くの渡来文化が日本列島に定着し,日本列島が変化しました。この変化に大きな役割を果たした渡来人・渡来文化についてお話しいただきます。

講 師 亀田 修一さん(岡山理科大学教授)
日 時 10月20日(土) 14:00~16:00(受付・開場は13:30)
場 所 みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他 定員:先着120名。当日受付。聴講無料。(展示の観覧には,特別企画展の入館料が必要です。)
第2回記念講演会(文化財講座4) 「古墳時代の軍事と外交」

30-4文化財講座チラシ
30-4文化財講座チラシ (PDFファイル)(335KB)

 「軍事」は,序列や格差を生み出す大きな力を持ち,「外交」は,国家のあり方を根底から変換させる要因となることが知られています。今回は,朝鮮半島情勢を基軸にして展開する古墳時代の軍事と外交について,広島県域の動静も含めてお話しいただきます。

講 師 田中 晋作さん(山口大学教授)
日 時 11月17日(土) 14:00~16:00(受付・開場は13:30)
場 所 みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他 定員:先着120名。当日受付。聴講無料。(展示の観覧には,特別企画展の入館料が必要です。)
展示解説会
解 説 当館学芸員
日 時 10月21日(日),11月18日(日)いずれも14:00~15:00
場 所 みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他 特別企画展の入館料が必要です。
スペシャル報告・討論会 「三次の古墳を探る」第3弾

30秋の特別企画展関連イベント3チラシ

解 説 芸備友の会・三次地方史研究会
日 時 11月23日(金・祝)13:00~16:30(開場は12:30)
場 所 みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他 参加無料

 くわしくはこちらを御覧ください。

古墳見学会 「史跡 浄楽寺・七ツ塚古墳群ウォーキング」

WS・古墳見学会チラシ

解 説 当館学芸員
日 時 11月18日(日)10:00~12:00
その他 定員:80名程度。当日受付。

 くわしくはこちらを御覧ください。

ワークショップ 「オリジナル!埴輪形ペン立てをつくろう」 
講 師 当館学芸員
日時等 日 時 定員・参加料の有無等
第1回 「埴輪形ペン立てをつくろう」
10月14日(日)10:00~12:00
先着:40名。事前申込と材料代400円が必要です。
第2回 「埴輪形ペン立てを焼こう」
11月11日(日)10:00~15:00
第1回に参加された方に限ります。
場 所 みよし風土記の丘ミュージアム トラックヤードほか
その他 特別企画展の入館料が必要です。

 くわしくはこちらを御覧ください。

ふどきの丘秋まつり

30秋まつりチラシ

日 時 10月14日(日)10:00~15:00
場 所 広島県立みよし風土記の丘・みよし風土記の丘ミュージアム
その他 参加費が必要なイベントもあります。

 くわしくはこちらを御覧ください。 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする