ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

架空請求転送専用メール事例16

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

裁判所や警察署の名を使い,財産を差し押さえると騙して振り込みをさせる事例

※ 簡易裁判所執行勧告及び警察介入

本日をもって,●●●●殿及び連帯保証人の所有財産差し押さえ,金融口座及びクレジットカードの凍結を実行致します。
なお,本件に関しましては,●●第一審裁判所での裁判の結果が出次第確定判決となりますので,ご理解ください。

※ 必ず口座を確認し,至急お振込みください。期限は本日正午までとさせていただきます。
※ なお,本日を逃しますと,ご精算をいただいた場合も含め,今後一切の退会処理ができないことをご承知下さい。
※ 簡易裁判所と当事務局との連携により協議した結果でのお支払い請求となります。

「警察介入」

判決確定後,●●●●殿と★★にて,ご精算日時の取り決めを行いますが,それでもご精算頂けない場合には詐欺罪(刑法第246条1項,2項)が成立し,警察への介入を行わせて頂きます。

以上を★★の決定事項として,最終通告としますので,下記請求書を確認の上,ご精算ください。

「簡易裁判所依頼未払い請求書」
 【支払額 5,000円】

※簡易裁判所通達※
なお,料金未払い,期限経過の場合
 【口座及びクレジットカードの凍結】または【お勤め先にご連絡,自宅にご連絡,強制執行(差押)】
※ 債務者の財産(動産,不動産,債権,預金,給料等あらゆる財産(但し,差押禁止財産を除く)に対して強制執行をすることが可能 になります。

簡易裁判所で裁判の結果,判決が確定しましたので,●●債権業者に支払い請求を求める。
なお,お振り込みがない場合,確認できない場合は即座に口座又はクレジットカードの永久停止をいたします。
期限は本日中にお支払い下さい。

ご精算はこちらから(http://●●●●.net/)
【精算方法】
後払い精算額5,000円を口座までにお振込ください。※振込名義欄にはお客様ID(パスワード●●●●●)を明記してください。
●●事務局

「事例17.受信者へ受信メールが多いため,損害賠償請求する可能性があると不安を煽ってアクセスさせ,個人情報を手に入れる事例」を読む」

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページがリニューアルしました。

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク