ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度 第4回 大竹警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月13日

開催日時

平成31年2月14日(木)午後4時から午後5時10分まで

開催場所

大竹警察署

出席者

協議会 会長他6名
警察署 署長他7名

議事要旨

会長挨拶

署長挨拶

議題

警察署協議会連絡会の報告(会長)

昨年の取組と本年の取組方策(次長,生活安全刑事課長,地域課長,交通課長)

質疑応答

横断歩道手前で停車しない車両について大竹警察署での取組はどのように行っているのか。

【回答】
横断歩行者妨害等危険性,迷惑性の高い交通違反の取締りを重点的に実施していきます。
また,通学路等における前記取締りを計画的に行っていくとともに,各学校での交通安全教室を積極的に実施していきます。

運転免許証の自主返納者は何歳代が多いのか。

【回答】
80歳代が多いです。

運転免許証がないと身分証明に困るイメージがあるのだが。

【回答】
運転免許証のように身分証明になる運転経歴証明書の交付を受けることができます。
当然車両の運転はできません。

特殊詐欺の被害者について20歳以上の割合が高くなっているが,そのような年代に出張型の防犯講習などをしてもらえないだろうか。

【回答】
高等学校の卒業前に講習,講話等を検討していきます。

あおり運転の相談や事例はあるのか。

【回答】
報道等で社会的関心が高くなっており,当署でも110番通報や相談は増加しています。
目撃状況やドライブレコーダーの録画映像の精査等の捜査により相手方を特定し,注意・警告等を行っています。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする