ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年度 第4回 尾道警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月20日

日時

 平成27年2月20日(金)午後4時00分から午後5時15分までの間

場所

 尾道警察署 3階講堂

出席者

協議会側(9名)
 京泉会長,井上幹事,川ノ上幹事,高橋委員,前田委員,山元委員,青木委員,柿本委員,松村委員
警察署側(9名)
 署長,次長,警務課長,会計課長,生安課長,地域課長,刑事課長,交通課長,警備課長

議事要旨

会長あいさつ

署長あいさつ

管内情勢説明

 平成26年中におけるの刑法犯発生状況と治安上の課題として,特殊詐欺事件等の現状と交通事故の発生状況を説明しました。

委員からの意見・要望に対する警察署の説明

猿,猪による被害への警察対応について

 警察は,住民の安全確保の観点から,人の生命若しくは身体に危険を及ぼし,または財産に重大な損害を及ぼす場合は,避難誘導,負傷者の救護,交通規制,猟友会の出動要請等を行います。
 また,駆除する方には銃砲用火薬類の盗難防止,危害防止等について防犯指導を行い,法令違反があれば検挙をします。(生活安全課長)

新花尻橋北詰交差点西側の一時停止規制について

 自転車の事故は平成26年中451件中67件発生しております。自転車も車両であることから原則左側通行です。しかしながら左側通行しなくてもよい場所があります。
 自転車に乗られる方にこのことを周知し浸透させていきます。
 安全教育については,小中高生,高齢者の方等に対し自転車の乗り方教室を実施しております。指導取締りについては,並進等をしている者がいれば警告を実施しております。また6月に道路交通法の一部が改正され,自転車での危険行為に対しは,検挙と併せて講習を受けさせていきます。安全施設の整備については,市と連携して看板等の設置等を行っていきます。(交通課長)

この記事をシェアする