ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度 第4回 呉警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月7日

開催日時

平成31年2月6日(水)午後4時00分から午後5時15分まで

開催場所

呉警察署

出席者

協議会(14人)
志々田会長,神津副会長,濱田副会長,榎副会長,後藤副会長,有坂委員,岡本委員,川畑委員,都甲委員,中下委員,平尾委員,不破本委員,椋田委員,家頭委員

警察署(10人)
署長,副署長,警務課長,会計課長,生活安全課長,地域課長,刑事第一課長,刑事第二課長,交通課長,警備課長

議事要旨

会長挨拶

署長挨拶

議題

○警察署統合後の音戸分庁舎の活動状況について

○「めざそう!安全・安心・日本一」ひろしまアクション・プランの推進状況について

○「なくそう交通死亡事故・アンダー75作戦」の推進結果について

○「駐車監視員活動ガイドライン(呉警察署)」(案)について

議題への質疑等

朝の時間帯の渋滞状況について

【要望】
朝8時30分ころ,狩留賀町の海岸沿いから魚見山トンネルまでが渋滞して混んでいます。
信号機等の調整をしてはいかがでしょうか。
川原石では信号機を付け替えた結果,交通が円滑になったと聞いています。

【回答】
その時間帯は,太陽光がドライバーの目に入り眩しいため,速度を落として運転していることから自然渋滞が発生しています。
自然現象が問題であり,信号機を調整しても渋滞の解決にはなりません。

地域と協力した取組について

【意見】
地域と警察が協力して活動していくことは素晴らしいと感じます。
今後ともよろしくお願い致します。

信号機のない横断歩道に歩行者がいた場合の車両の一時停止について

【質疑】
横断歩道前で歩行者が立って待っているにもかかわらず,止まる車が少ないというのを新聞で見ました。
横断歩道の手前で止まらない人が多いことについて,歩行者がいたら止まるが,歩行者が見えない場所もあります。
電信柱が立っていたり, 直角のため死角になる場所もあります,物理的・視覚的な面の対策はどうされていますか。

【回答】
横断歩道は歩行者が絶対守られるべき場所でありますので,視覚が悪いから運転手は停車しなくて良いということはありません。
視覚が悪ければ,速度を落としたり一時停止することのほうが大事ですので,そういった広報啓発活動を実施していきます。

音戸分庁舎の活動について

【意見】
活動方針でパトロール活動体制の強化とありましたが,確かにパトカー を見る機会が増えたような気がします。
私たちも緊張感を持って運転することが多くなりました。

【回答】
音戸警察署の時代は当直員の数が少なかったので,事案が発生すれば全員に招集をかけて現場に行かせていました。
この度の統合で, 夜間の初動体制が1車から2車になり,多数の警察官が短時間で現場に行けるなど,初動体制が充実しております。
事件に対する処理能力も格段に上がっています。

【質疑】
統合後の活動状況に「会合」という項目を挙げられていましたが,このデータを挙げた意味を教えてください。

【回答】
これまでは,当直やパトカー補勤など他業務を補完させるため,交番や駐在所の勤務員が引き上げられることにより,地元に密着した活動ができにくい状況にありました。
統合で体制が強化されたことにより,人が充足していることから,さらに地域に密着した活動ができるようになったことをお伝えしたく,数値で表しました。

大型連休の警備体制について

【質疑】
今年の4月からゴールデンウィークにかけて10連休になると言われています。
警察全体あるいは呉警察署として,大型連休に向けての対応策やこれまでと変わった警備体制などがあれば教示願いたいです。

【回答】
基本的に特別な警備体制はありません。
ただ,退位の礼や大阪サミットなどの行事が控えているので,呉警察署員を県外派遣する可能性があります。
基本的にイベント等があれば対応しますが,大型連休のために特別な警備体制をとることはありません。

交番勤務員や事件に対応する初動捜査員は三交替勤務をしています。 
内勤勤務員は平日の夜間や休日に当直勤務をしています。
すべての窓口を閉めることはなく,24時間誰かが対応できるようにしていますし,
大きな事件事故が発生すれば署員に招集をかけています。
イベントは雑踏という警備になりますので,必要に応じて対応していきます。

空き家対策について

【質疑】
被災地で空き巣が捕まったという話を聞きましたが,呉市が昨年被災した関係で建物の公費解体が始まってきており,これから空き家が増えていくと思いますが,犯罪防止に向けて何か対策をとられていますか。

【回答】
空き家対策については,防犯カメラを設置するなどして警戒しています。
実際,被災地での車上ねらいが発生しており検挙しています。
パトカーの重点的巡回も指示しています。

クレアラインの複線化について

【質疑】
休山トンネルが3月に複線化しますが,現在クレアラインも複線化の話が出ており,良い悪い様々な意見が出ていますがいかがでしょうか。

【回答】
複線化の実現については,国土交通省やネクスコ,県や市が考えており,警察としましては,できた道路でどのような安全対策をするかが課題となりますので,現時点で警察からコメントできることはありません。

駐車監視員活動ガイドラインについて

【質疑】
このガイドライン(案)は,どのくらいを目途にホームページへ掲載される予定ですか。
とても詳しく表にされていますが,これは抑止力を働かせるためと認識してよろしいですか。

【回答】
現時点のものはホームページ上で見ることができます。
改正案の掲載時期については,呉警察署以外の警察署のガイドラインもありますので,警察本部がとりまとめた後に掲載するため未定です。
詳しい表を作成しているのは,抑止力を働かせるためと考えていただいて構いません。

渋滞発生時における進路変更について

【質疑】
今西通りの「中央7丁目1番」交差点は,長ノ木トンネルのほうから今西通りへ出る道路が,右折レーンと直進左折レーンの2線になっていますが,右折レーンに車が滞留して渋滞が発生しています。
そこは黄色の線で区切られてありますが,直進左折レーンに進路変更し,右折することは可能でしょうか。

【回答】
その場所は,朝の通勤時間帯に右折する車が多く,渋滞のネックになっています。
法律上直進左折レーンから右折した場合は違反となり ます。
現在,直進左折レーンを右折できるようにすることを検討中です。

交通違反の多発地点について

【要望】
警固屋の鍋団地入口から串山公園前は,特に夜間に信号無視する車が多いという話を聞くので,取り締まりをお願いします。

次回開催予定

次回は平成31年6月中に開催予定

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする