ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年度 第2回 海田警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2014年11月10日

日 時

平成26年9月29日(月) 午後3時00分から午後5時15分まで

場 所

海田警察署 3階講堂

出席者

(委員) 住岡会長以下 9名
(警察) 佐伯署長以下 10名

議事要旨

会長挨拶(要旨)

 8月の豪雨災害では,警察,消防,自衛隊の方が救援にあたられる姿を拝見し,心強く思うとともに大変ありがたいと思っております。
 今日は,豪雨災害の対応状況と,管内の情勢についてお話していただきますが,委員の皆様におかれましてはお気づきの点等がありましたら,ご意見をお願い申し上げます。

署長挨拶(要旨)

 本日は,災害の状況を現場で活動した小隊長から詳しくお話させていただきますので,警察の活動を理解していただく一つにしていただければと思います。管内の治安情勢については,具体的な事例をまじえて生活安全課長から説明させていただきます。
 交通死亡事故については,すでに6人の方が当署管内で亡くなられておられます。これは昨年1年間を通じた死者数と同じということで,年末に向け交通事故の抑止に努めなければならないと思っています。
 今日は,そのようなお話をさせていただきますので,いろいろなご意見を賜りまして,今後の警察運営に反映させていきたいと思っております。

平成26年8月豪雨災害での当署の対応について

 当署では,捜索,救助,被災地支援などの要員として,被災者の支援を中心とした部隊を編成し,発生した当日から現場に派遣しています。
 また,被災者支援や治安の確保をするために,メイプル隊という名称をつけて女性警察官を中心として避難所の警戒,被災者からの要望の聴取及び情報の提供を行いました。

第二機動隊赤土小隊長から救援状況の説明

 このたびの土砂災害発生に伴い,当署からも捜索・運搬・被災者支援の各要員が派遣されました。
 私は,9人の隊員を率いて被災地に出動し,他署の部隊と一緒になって捜索・救助活動に当たりましたが,現場は想像を絶する大惨事になっておりました。安佐南区緑井7丁目では,普段は流れのない幅30センチメートル位の用水路があった場所が,谷になっており土砂がその下にある住宅地に流れ込んで住宅は跡形もなくなっていました。
 私達は家族が行方不明になっている被災者の人と一緒に,ぬかるんだ土砂に足を取られて歩くこともままならない場所で捜索活動を行いました。
 このたびの災害では,私の小隊は直接不明者の発見・救出はできませんでしたが,行方不明者74人の方全員を発見し,遺族の元にお返しすることができました。
 災害は,何時どこで発生するかわかりません。地形的には当署管内でも,大きな災害が発生する可能性があり,平素から災害発生時に迅速な対応ができるよう訓練を積み重ねておく必要を感じました。

交通課長から交通事故防止に資する取締り等の在り方と具体的な取締り方針について

 交通取締りが実際の交通事故防止に効果がない,一定の場所で同じことを何度もするということではいけないという意見があり,昨年警察庁で有識者の懇談会が設置され,専門家の意見を聞く検討会が開催されました。
 その検討会を重ねて,昨年12月26日この懇親会から「速度抑止に関する交通取締り規制等の在り方」に対する提言が国家公安委員会に提出され,これを受けて各県で速度の管理について見直しをすることになり,警察署では事故分析を充分行って具体的な取締り指針を定めて行くように指示され,現在進めている旨の説明を行った。

管内の情勢

管内の治安情勢

 管内の刑法犯発生件数については,罪種別では暴行,傷害等粗暴犯,詐欺等の知能犯が増加しております。その他は減少しています。

交通事故の状況

 本年の特徴は,交通事故は減少しておりますが,14時から16時までの時間帯の事故が増加しています。
 8月30日現在,死者5人となっておりますが,9月5日に熊野町で死亡事故が発生し,死者は6人になっております。この死亡事故で熊野町では,連続死亡事故なしの日が2,125日で途絶えてしまいました。

特殊詐欺事件

 振り込め詐欺等の特殊詐欺については,当初昨年の半減ということで件数230件以内,被害額5億3,000万円以内を目標に県下をあげて取組んでおりましたが,8月末には認知件数が213件被害額は9億円を超えたという状況です。
 このように特殊詐欺は,被害が増大しておりますので,高齢者への防犯教室での広報及び巡回連絡を通じて個別広報を行っております。また,金融機関などの窓口は最後の砦ですので,協力依頼をして被害が一件でも少なくなるように努めています。

意見交換

交通死亡事故が夜間20時以降に多いのであれば,その時間帯でどのようにするかということが大事ではないですか。

(答)夜間速度超過による事故が多いことから,夜間の検問,パトロール等を強化するようにしています。

海田町内のある交差点は,カーブミラーの位置が悪く交通事故が多いので,信号機を設置するなど改善してもらいたい。

(答)道路管理者等を通じてカーブミラーの位置を改善するように検討します。朝方,交通量の多い時間帯は,白バイを駐留させる等して事故防止を図っておりますが,今後も信号機の設置について検討して参りたいと思います。

平成26年度第2回 海田警察署協議会の様子

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする