ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度 第4回 広島東警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月5日

開催日時

平成30年2月19日(月)午後3時30分から午後5時00分まで

開催場所

広島東警察署3階講堂

出席者

協議会側(13人)
大本委員(会長),川崎委員(副会長),山本委員(副会長),中村委員,中井委員,河野委員,藤原委員,小林委員,近藤委員,山田委員,戸田委員,福馬委員,中原委員

警察署側(13人)
署長,副署長,管理官兼会計課長,刑事官,警務課長,生活安全課長
地域企画課長,刑事第一課長,刑事第二課長,交通第一課長,交通第二課長,警備課長,特別警ら隊長

会議内容

会長あいさつ

署長あいさつ

説明事項等

犯罪情勢について

自転車総合対策の推進について【刑事官】

「守ろうBicycle-User安全・安心大作戦」
自転車の交通事故抑止と盗難被害防止を両輪とした総合対策として,中・高校生,高齢者及び大型店舗等の事業所への自転車の盗難予防,安全利用に向けた取組みを推進中。
 

交通情勢について

協議・意見交換等

火災発生時における警察と消防との連携について

<回答>
火災現場において鎮火後は
 ・警察による捜査と消防機関による火災原因調査を互いに協力して行い,相互の目的を達成する
 ・警察も消防機関も「国民の生命,身体及び財産を保護する」という目的は共通であるため,相互に連携をとって活動している
ことを説明した。

児童虐待の実態等について

<回答>
当署の実態として
 ・平成29年中児童虐待事案として児童相談所へ通告した児童数は,前年度よりも減少した
 ・警察の認知として,本人・家族からが8割,地域住民からが1割で,通報があれば,可能な限り目視により児童の安全確認をしている
ことを説明した。

児童虐待等を認知した際の関係機関との連携について

<回答>
連携については
 ・数ヶ月に1回の割合で実務者会議を開催し,要保護児童の情報共有を行っており,出席者は警察,児童相談所,市町の教育委員会や福祉関係職員などが参加している
 ・必要のある場合には,個別のケース会議を実施することもある
ことを説明した。

学校や事業所等を対象とした不審者対応訓練の実施状況及び課題について

<回答>
当署では,平成29年中
 ・学校対象の不審者対応訓練を16回,事業所対象は13件実施した
 ・幼稚園等では不審者侵入訓練とともに,犯罪防止教室等を行った
 ・事業所は,金融機関が主で強盗の他に特殊詐欺防止にむけた声かけ訓練も実施した
 ・「不測の事態が発生したらどう対応するか」という危機感を浸透させるのが最大の課題である
ことを説明した。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ ようこそモシカタウンへ STOPオレオレ詐欺 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 災害情報投稿サイト(警察庁) 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook