ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度 第2回 広島東警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2017年10月10日

開催日時

平成29年9月25日(月)午後3時40分から午後5時15分まで

開催場所

広島東警察署3階講堂

出席者

協議会側(12人)
大本委員(会長),川崎委員(副会長),山本委員(副会長),中村委員,中井委員,河野委員,藤原委員,小林委員,近藤委員,山田委員,戸田委員,福馬委員

警察署側(13人)
署長,副署長,刑事官,管理官兼会計課長
警務課長,留置管理課長,生活安全課長,地域企画課長,刑事第一課長,刑事第二課長,交通第一課長,交通第二課長,警備課長

会議内容

会長あいさつ

署長あいさつ

説明事項等

ア 犯罪情勢について

イ 交通情勢等について

協議・意見交換等

テロの発生状況等について

<回答>
警備課長から,
・国外における邦人を対象としたテロは発生している
・全国警察では,港湾での水際対策などのテロ未然防止策を行っている
旨説明した。

交番への留守番電話の設置について

<回答>
地域企画課長から,
・通報内容の把握が遅れ,緊急事態に対応できないおそれがあるので,留守番電話の設置は考えていない
・交番が不在の際は,緊急時は110番通報,緊急を要しない場合は管轄する警察署に電話するようお願いしている
旨説明した。

警察職員のメンタルヘルスに関する教養等について

<回答>
警務課長が,
・メンタルヘルスに関する教養を行い,職員がメンタルやストレスに対する正しい知識を身につけるよう指導している
・産業医による個人面接を実施し,メンタル疾患の予防,早期発見につなげている
旨説明した。

自治体に対する歩道,白線等の補修の働きかけについて

<回答>
交通第一課長が,
・自治体においては,道路管理者として所管する歩道,白線等を管理しており,警察が実施する交通規制と密接に関連していることから,お互いに協力し,道路交通環境の整備を推進している
・住民からの要望や各種警察活動を通じ,補修する必要がある歩道,白線等を把握した場合は,積極的に情報提供するなど,道路管理者と一層の連携を図る
旨説明した。

修理等が必要な道路標識の把握と通報先について

<回答>
交通第一課長が,
・修理が必要な道路標識については,交通課員による随時点検,交番勤務員のパトロール等による発見のほか,警察本部が締結している保守委託契約に基づく定期巡回事業等により把握している
・地域住民からの情報により修理するケースもあり,発見した際は,警察署交通第一課や地域の交番まで通報をいただきたい
旨説明した。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ ようこそモシカタウンへ STOPオレオレ詐欺 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 災害情報投稿サイト(警察庁) 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook