ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

雪害に注意しましょう!

印刷用ページを表示する掲載日2018年12月21日

今年(2018年)の漢字に「災」が選ばれました。

「災」が表すように,2018年は,北海道等各地での地震発生,西日本豪雨,台風による被害など自然災害が多発しました。

多くの方が災害に対して関心を持ち,災害発生時の備えなど防災意識が高まったことと思います。

本格的に冬の季節となり,これからは『雪害』が懸念される時期となってきました。

昨冬の雪による事故のうち,全国的にみると,約9割は雪下ろしなどの除雪作業中のものであり,死者の約7割が65歳以上の高齢者の方となっています。

除雪作業時においては,

  • 屋根の上など高い位置に登る時の足場の確保と命綱・ヘルメットの確実な着用。
  • 携帯電話の携行と複数人での作業。
  • 周囲の安全確認の徹底と車両・通行人等への注意。

積雪による通行止めなどの規制が実施される場合があります。
車両運転時は気象情報・通行規制情報などを確認するようにしましょう。

冬期はいつ降雪があるか分かりません。
また降雨後や夜間・明け方等は路面が凍結するおそれがあります。
車両はスタッドレスタイヤを着装し,タイヤチェーン・スコップなどを携行するようにしましょう。

スタッドレスタイヤを過信することなく,車両運転時は周囲の安全確認を徹底し,急発進・急ハンドル・急ブレーキなど「急」のつく運転は厳に慎みましょう。

積雪時には,自転車等の二輪車での外出はやめましょう。

雪害も『災害』です。
防犯意識を高め,雪害発生時には落ち着いて情報収集し行動するようにしましょう。

雪害に注意

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ ようこそモシカタウンへ STOPオレオレ詐欺 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 災害情報投稿サイト(警察庁) 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook