ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福山西警察署 メールマガジン配信状況

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月20日

7月配信分

30.7.18

「訴訟最終通告」と記載されたハガキによる特殊詐欺の発生!!

○発生日
 平成30年6月中旬
 (発覚日7月17日)
○被害者
 福山市内の女性(無職、80代)
○被害金額
 310万円
○状況
 「消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ」と記載されたハガキが送付されてきたことから、記載されていた電話番号に架電すると弁護士を紹介された。
 同弁護士を名乗る男に架電したところ10万円をコンビニ決済するよう指示され、10万円を支払った。
 さらに弁護士役の者に架電したところ、債権代行をしている企業を紹介され、そこに電話をすると300万円を要求された。
 弁護士役の者に電話したところ「弁済承諾金は返ってくる」と言われ、300万円を宅配便で送ったもの。

☆騙されないために☆
・「現金を郵便や宅配便で送れ」はすべて詐欺です。
・訴訟に関するハガキで騙す手口が多発しています。
・過去に被害に遭った方が再被害を受けています。
・お金を支払えという電話は、警察や親族にすぐに相談してください。

30.7.12

酒気帯び運転被疑者を現行犯逮捕!

●福山西警察署では、7月12日午前2時35分ころ、松永町5丁目の市道で、政令数値を超える酒気を帯びて自動車を運転していた被疑者を現行犯逮捕しました。
●被疑者
 47歳、男性

○飲酒運転は犯罪です!
○みんなで「飲酒運転をしない・させない」を合言葉に飲酒運転を根絶しましょう!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする