このページの本文へ
ページの先頭です。

ギャンブル依存症家族教室

印刷用ページを表示する掲載日2021年10月1日

ギャンブル依存症家族教室を再開します

10月1日より集団支援事業を再開しております

8月27日から9月30日の期間,広島県に緊急事態宣言が発令されました。県立総合精神保健福祉センター(パレアモア広島)では,新型コロナウイルス感染症拡大予防と利用者の安全確保のため,9月30日までに予定していた集団での相談支援事業を見送り,個別での対応をしておりましたが,10月1日より集団支援事業を再開しております。

なお,今後,「緊急事態宣言」,「まん延防止等重点措置」,または同等の県独自の重点措置が実施される場合は,教室の開催を見送ります。

最新情報は,随時ホームページに掲載します。

連絡先はページ下部に記載しています。

ギャンブル依存症家族教室のご案内

  • ギャンブル依存症ってなんだろう・・・家族はどうしたらいいのだろう・・・?
  • 「一生懸命やっているのにうまくいかない」,「何度も借金を肩代わりした」と悩んでいるご家族のための教室を定期的に開催することにしています。
  • 同じ悩みを持つご家族同士が学習し,話し合いや情報交換等をする中で,ご本人への対応の仕方などを学んでいきます。
  • みなさま方のご参加を心よりお待ちしております。

【チラシ】ギャンブル依存症家族教室 (PDFファイル)(253KB)

依存症とは?

依存症対策(厚生労働省) 

1.開催日時

おおむね毎月第2火曜日13時30分~15時30分(4月を除く)

【令和3年度の予定】

中止:令和3年5月11日,6月8日,8月10日,9月14日

実施済み:令和3年7月13日

実施予定:令和3年10月12日,11月9日,12月14日

 令和4年1月11日,2月8日,3月8日

※新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため,ご参加の皆様には,来所時のマスク着用,入室前の手指消毒,検温等にご協力をお願いします。

※今後の状況により,再び中止又は変更する場合には,随時ホームページに掲載します。

2.内容

ワークブック等を利用しての学習

情報交換など

【例:令和2年度】内容は下記のとおり

ギャンブル依存症(病的ギャンブル)とは? 

ギャンブル依存症(病的ギャンブル)という病気の仕組みを知ろう

コミュニケーションの方法を考える

家族講座『ギャンブル依存症者を持つ家族の回復』『マインドフルネス研修会』

3.開催場所

広島県立総合精神保健福祉センター パレアモア広島(安芸郡坂町北新地2-3-77)

研修棟2階(会場を変更する場合は事前に連絡いたします。)

4.対象者

ギャンブル依存症者のご家族

広島市にお住まいの方はこちら

5.申込み方法

事前に電話でお申し込みください。

初回参加時には申込書に必要事項をご記入のうえ,持参してください。

※チラシの中に申込書がついています。

(必要に応じて個別面接で状況をお聞きします。)

6.問い合わせ先

広島県立総合精神保健福祉センター 地域支援課

電話(082)884-1051

広島市にお住まいの方はこちら

7.ご本人のための相談

薬物・ギャンブル依存症相談

広島市にお住まいの方はこちら

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする