このページの本文へ
ページの先頭です。

備後撚糸 株式会社

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

撚糸と呼ばれる糸加工業

 

 

事業所所在地

〒720-1264 広島県福山市芦田町福田872

電話番号

電話:(084)958-3355  ファクス:(084)958-3358

本社所在地

〒720-1264 広島県福山市芦田町福田872

ホームページ  URL

http://www.binnen.co.jp

 

 

製品・技術

水撚り製法(オンリーワン)

弊社は,創業以来80年に渡って撚糸という糸加工に従事して参りました。この撚糸技術を通じて快適なライフスタイルを提案して参ります。

KU AMBIANCEの写真

和紙糸使用の帆布生地で
できたバッグブランド
“KU AMBIANCE”

製品・技術の特徴

製紙会社で作られた紙を数ミリ幅にカットし,それを水撚り製法にて撚糸加工する事で,非常に軽く吸水性に優れた丸みのある紙糸製造が可能となりました。現在はこの紙糸を使った織物やニット生地の開発も行っております。

開発のきっかけ

弊社は,綿やウールなどの天然繊維からアクリルやポリエステルなどの合成繊維,金糸や銀糸,ストレッチなど様々な撚糸加工を行っておりましたが,製紙会社での紙サンプルを見た際に新たな糸を作ろうとしたのがきっかけです。

開発・製品化における
苦労と努力

水撚り製法の技術開発において撚糸機の改良,付属パーツの製造,回転数やテンション調整など完成に至るまでに約7年を費やしました。又,現在紙糸を使った生地の開発も行っておりますが,織りや編みにより適した紙糸の研究にも力をいれて参ります。

製品・技術の主な取引先

繊維・アパレル業者,織屋

特記事項

紙糸を使った製品として,和紙デニムやバッグ,ストール,浴用タオルなどがあります。デニムは専門店で販売されており,バッグも”KU AMBIANCE”ブランドとしてアメリカやドイツなどで販売予定です。又,エコバッグとしても好評です。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする