このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 ミヨシ

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月29日

ガラス工事,建具工事,内装工事

 

 

事業所所在地

〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-2-38

電話番号

電話:(082)248-0344  ファクス:(082)247-3479

本社所在地

〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-2-38

ホームページ  URL

http://www.miyoshi-turiko.co.jp/

 

 

製品・技術

三好式ガラス防煙垂壁(オンリーワン)

品種豊富
任意の納まりが可能
合理的なガラス防煙垂壁

ガラス防煙垂壁の写真

合理的なガラス防煙垂壁

製品・技術の特徴

豊富な部材で設計意図に合わせて多様に対応できる合理的な構造である。ガラスとアルミ・ステンを素材としたシンプルなデザインで,なおかつ品種が豊富で任意の納まりが可能で,天井下地組込み式で,作業がワンタッチ簡単・迅速にできる合理的なガラス防煙垂壁である。

開発のきっかけ

作業が簡単で優美な仕上がり,合理的な構造,優れた施工性,そして高い安全性を求めて研究開発。

開発・製品化における
苦労と努力

どのような天井にも対応できる様,部材,設計,組立,一環施工,また高い安全性と手軽なメンテナンスを求めて技術研究開発。その結果,特許80余件取得,海外8カ国でも特許を取得。昭和60年4月ガラス防煙垂壁の考案を,創意工夫功労者として科学技術長官賞を拝受。

製品・技術の主な取引先

全国建材業者,全国硝子工事会社約600社

特記事項

免震防煙壁「MTタイプ」を発表。従来は各部材の強度を重視し基本的には耐震性能を考慮していなかった。その結果,大地震の時ガラス破損が顕著にみられた。それらの状況を解消すべく「MTタイプ」を開発。更に安全な「ダンスモーク」グラスファイバー製シート型防煙垂壁を開発。
透明・半透明のMFTT・MFPP・MFCタイプもあります。
毎日のように火災事故で多数の犠牲者があり,いずれも煙に起因する「一酸化炭素中毒死」によるものであり,これらをなくすため考案したものが「避煙脱出救命具」で,PATを取得し,技術評価も(6)を特許庁から拝命。
人命救助に「備えあれば憂いなし」を開発準備中。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする