このページの本文へ
ページの先頭です。

メキシケムジャパン 株式会社 三原製造所

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

HFC134a製造,フロン分解事業

 

 

事業所所在地

〒723-0015 広島県三原市円一町1-1-36

電話番号

電話:(0848)67-5230  ファクス:(0848)67-5232

本社所在地

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20天王洲郵船ビル

ホームページ  URL

http://www.mexichemfluor.co.jp/

 

 

製品・技術

代替フロンHFC134a生産能力国内ナンバーワン
フロン分解・無害化処理能力国内ナンバーワン

代替フロンHFC134a生産能力!

フロンガス分解処理能力!

国内ナンバーワン!!

設備の写真

三原製造所

“高度な技術を集結した設備”

製品・技術の特徴

HFC134aはオゾン層を破壊せず,カーエアコンなどに広く利用されている。米国以外では最大の生産能力を誇り,安定的に 製品を供給している。
また,フロン分解においては,各種規制強化により処理量が 増加していたが,2004年に設備を増強し,今後の増加にも十分な能力を備えている。処理能力を生かして,ボンベの早期 返却が可能。分解率はほぼ100パーセント,有害物質の排出も規制値を大幅に下回り,安全性は非常に高い。
また,回収したHFC134aの高純度再生も可能。

開発のきっかけ

HFC134aは,主にCFC12の代替物質として,当製造所では1993年に,メキシケムグループ世界3番目の工場として,最新鋭の設備と技術を導入し生産を開始した。
フロン分解炉はもともと,HFC134aの製造で発生する不純物を分解処理するためのものだった。それを種々の改善により 不純物の発生を低減できたため,負荷の下がった処理設備を無駄なく活用したいと始まったもの。既存設備を利用したことから,処理コストを 抑えることができた。

開発・製品化における
苦労と努力

安全で環境負荷が少なく,品質,コスト競争力の強い製造所となるため,ISO9001はもとより,TS16949(自動車品質規格),ISO14001,OHSAS18001をいち早く取得した。
この事業では世界のリーディングカンパニーであり続けたいと,日々努力している。

製品・技術の主な取引先

全国フロン回収業者,各フロンユーザー,各種工業会など

特記事項

フロン回収破壊法の破壊業者許可は全国第一号。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする