このページの本文へ
ページの先頭です。

ゆとりと魅力ある居住環境の創出モデル事業について

印刷用ページを表示する掲載日2021年5月19日

 広島型の「適散・適集」なまちづくりの実現に向けて,地域の特性を生かしたゆとりと魅力ある居住環境の創出を図るため,県ではモデル地区を選定し,目指すべき居住環境の将来ビジョンの策定等を行う市町を支援します。

事業の内容

 公募により選定したモデル地区において,県と市町等が連携して,目指すべき居住環境の将来ビジョンの策定及びその実現に向けた取組を実施します。

 県は,取組に要する経費の支援,広域的な視点からの助言や自治体間の連携推進等を行います。 

モデル地区の選定

 令和3年度は,市町からの応募を基に,1地区選定します。

 (令和4年度には,さらに2地区選定することを想定しています。)

(参考)選定基準

 次に該当する取組であること及びモデル事業としての波及効果が高いことを基準として選定します。

対象地区

 当該地区において,地域特性を生かした居住環境を創出することで,多様な人々を惹きつけることが見込まれる一定のまとまった地区であること。

取組内容

  • 市町,関係団体等の多様な主体が連携し,目指すべき居住環境の将来ビジョンの策定とその実現に取り組むものであること。
  • 多様な人々が住みたいと思える居住環境が創出され,当該地区への居住誘導が見込まれる取組であること。

募集要領等

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする