ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東大LEARN in広島「はしからはしへ 君は はしをつなぐことができるか?」参加者募集

フライヤー

1 プログラム概要

みんなは,毎日橋を何回渡ってる?

みんなが住んでいる広島県には,一体何本の橋が架かっているのだろう。

橋は何の役目をしているの?どうしてそこに橋が要るの?

広島には,橋がたくさん架かっているけど,

どうやらある土地の端を歩いていくと,橋に出会い,端で出会えるらしい。

端を歩き,橋を探しながら,はしをつないでみよう

 

 【日時】 令和4年3月3日(木),3月4日(金)

 【場所】 3日(木)〔1日目〕:ご自宅等

 4日(金)〔2日目〕:広島県内(集合場所:JR新白島駅)

 【対象】 県内の小学校等4年生から中学校等3年生までの児童生徒

 【募集定員】 20名程度 ※応募者多数の場合は抽選になります。

 【参加費】 無料(自宅と集合場所間の交通費等の実費は別途必要)

 【注意事項】
  ○お子さんの希望により申し込みをしてください。
  ○詳細スケジュール等は後日参加者にお伝えします。
  ○2日目は昼食と水筒を御持参ください。
  ○集合場所までの送迎は保護者の方にお願いします。
  
※本プログラムは,新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を講じた上で実施します。参加に当たっては,事前の検温やマスクの着用等に御協力ください。なお,当日の体調等により,参加を御遠慮いただく場合があります。また,今後の感染拡大状況によっては,開催を中止する場合があります。

詳しくはこちら

開催要項 (PDFファイル)(167KB)

フライヤー(ちらし) (PDFファイル)(719KB)

2 募集期間

 令和4年2月4日(金)~2月22日(火)

3 応募用紙

 応募用紙 (Wordファイル)(35KB)
 応募用紙 (PDFファイル)(231KB)

東大LEARN in 広島とは?

 不登校をはじめとする学校での学習になじめない児童生徒が,体験を通して学んだことと,既有の知識や技能とを結び付ける「学びの場」を提供することで,知的好奇心を喚起し,学び続ける力の育成を目指すプロジェクトで,広島県教育委員会と東京大学先端科学技術研究センターが協力して実施します。

※昨年度までは,「東大ROCKET in広島」として実施。

 【これまでに実施したプログラムの様子】

 ~LEARNとは?~
   
東京大学先端科学技術研究センターが実施する時間や空間を超えた学びの場を設定し,学びの多様性を実現するための社会課題解決型実践プロジェクト。

 “LEARN”とは,“Learn Enthusiastically, Actively, Realistically, Naturally” の頭文字をとったもの。

 ”熱意を持って、主体的に、リアルに、自然体で学べ!”という意味。

 【ホームページ → https://rocket.tokyo/

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする