ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

湯来南高校の生徒が姉妹校での異文化間協働活動及び美術部の活躍を報告しました!

 湯来南高校では,「湯来南高校温泉同好会プロジェクト」として,地域・学校の活性化に取り組んでいます。 
 この「湯来南高校温泉同好会プロジェクト」の一環として行われる姉妹校相互交流や部活動活性化の取組として,イギリスのタスカー・ミルワード校との交流と美術部生徒による広島県高等学校総合文化祭に向けた取組を行いました。

 タスカー・ミルワード校との交流では,短期留学に2名の生徒が参加し,語学研修,文化交流,歴史探訪などの異文化間協働活動を行い,両校の友好関係は一層深まりました。
 また,美術部生徒による広島県高等学校総合文化祭に向けた取組では,マルチメディア作品展ポスター部門で最優秀賞を受賞しました。

 2月14日(水曜日),次の生徒が教育長を訪問し,活動の様子を報告しました。
 【タスカー・ミルワード校交流】
 1年 武田 大空(たけだ そら)さん
 1年 藤原 知音(ふじわら ともお)さん

 【広島県高等学校総合文化祭マルチメディア作品展ポスター部門最優秀賞受賞】
 1年 福田 琴弓(ふくだ ことみ)さん

交流 総文

 タスカー・ミルワード校と交流した生徒たちは,
 「初めての海外留学で,海外へ行くための手続きもいい勉強になりました。」
 「タスカー・ミルワード校では地学の授業で噴火の仕組みを実験で学んだり,イギリスの伝統的な料理を自分たちで作ったりしました。」
 「休日にはホストファミリーと遺跡へ行ったり,現地の友達とボーリングに行ったりして交流を深めることができました。」
 「ハーバーフォードウェスト市長を訪問し,市長のガウンとメダルをつけさせていただいたことが一番の思い出です。」
 「たとえ英語が片言でも,伝えようという気持ちがあれば相手には伝わるということが分かりました。帰国してから外国の方に話しかけることに抵抗がなくなりました。」
 「将来はこの留学の経験を生かせる仕事をしたいです。」
と画像を用いて現地での様子を説明しました。

説明の写真1 説明の写真2

 広島県高等学校総合文化祭マルチメディア作品展ポスター部門で最優秀賞を受賞した福田さんは,
 「Windowsに入っているペイントを使って描きました。」
 「締切間際で描き始めたので2時間ほどで完成させました。短い時間で仕上げたので最優秀賞を取れるとは思っておらず,受賞を知ったときは驚きました。」
 「誰でも使えるペイントを使って描いたところを評価していただき,これからもいろいろな表現方法にチャレンジしようと思いました。」
と受賞の感想などを報告しました。

説明の写真3 説明の写真4

 教育長は,
 「今回の留学が自信につながったようで大変素晴らしいですね。とてもいい経験をしましたね。」
 「パソコンを使って描いたものでもいろいろな表現方法があって面白いですね。」
 「これからも夢や目標に向かって頑張ってください。」
 とエールを送り,「善く生きる」・「不動心」と自筆した色紙をプレゼントしました。     

集合写真  
   
湯来南高等学校ホームページ

この記事をシェアする