ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「介護マップ」を作成しました!(瀬戸田高等学校)

 

介護マップ
冊子「介護マップ」

 
 
 
 瀬戸田高等学校しまおこし事業部は,
高校生による中山間地域わくわく事業の一環として
地域住民ワールド・カフェを半年間開催しました。その中で住人の方から出た意見を反映し,
生口島・高根島の介護施設や認知症の予防方法等を紹介した「介護マップ」を作成しました。
 この「介護マップ」は,3月10日(金曜日)から配付され,生口島・高根島の介護施設や,尾道市
内の図書館,市役所で閲覧できます。

 また,地域イベントやサイクリングイベント等,数多くのボランティア活動に参加し,独自の活動にも取り組んできたことが評価され,第20 回ボランティア・スピリットアワードにおいて『ブロック賞』を受賞しました。

ワールド・カフェの様子の写真
ワールド・カフェの様子

介護施設を取材の写真 
介護施設を取材

遠泳大会ライフガードボランティアの写真
遠泳大会ライフガードボランティア

絵本読み聞かせボランティアの写真
絵本読み聞かせボランティア

3月15日(水曜日),同校生徒が教育長を訪問し,活動の報告と今後の抱負を述べました。
 訪問したのは,次の7名です。
 
 2年 土居 歩夢(どい あゆむ)さん
 2年 福田 麻衣子(ふくだ まいこ)さん
 1年 矢野 佑太(やの ゆうた)さん
 1年 原 二千香(はら にちか)さん
 1年 八木 千明(やぎ ちあき)さん
 1年 宮地 あゆ(みやち あゆ)さん
 1年 横井 涼音(よこい すずね)さん

報告の様子の写真1 報告の様子の写真2

 教育長から,「介護マップ」の作成について問われた生徒たちは,
 「実際に,施設に行って取材したことを読みやすいように,短い文章にまとめるのが,大変でした。」
 「介護用語を使うと難しくなるので,施設の方にアドバイスをいただいたりして,誰が読んでも分かりやすい内容を心掛けて作成しました。」
 「介護については,実際に施設に行ってみないと分からないことがたくさんあってとても勉強になりました。」
 等と,述べました。

記念撮影

 教育長は,
 「表紙のイラスト,かわいいですね。優しくてあたたかいイメージで,とても良いです。」
 「地域の方と一緒にしまおこしというのは良いことですね。」
 「これからもみんなで励まし合って,頑張ってください。」 
 と,「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントし,エールを送りました。
 

 ⇒ 瀬戸田高等学校ホームページ

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする