ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本の面白さ伝えます!(廿日市西高等学校)

 廿日市西高等学校図書部では,放課後の図書室運営の手伝いや行事に合わせて図書室に関連する図書コーナーを設けて紹介するなど,読書の啓発活動を行っています。
 その取組のひとつが,小学生から高校生までの学生が,本の紹介を投稿する中国新聞の日曜版「青春文学館」へ,部員全員の紹介文が掲載されることです。
   
 2月1日(水曜日),3年生部員7名全員の掲載が達成できたため,教育長を訪問し,これまでの取組について述べました。
 訪問したのは,次の7名です。
 
 3年 石田 夏奈(いしだ かな)さん
 3年 田中 菜々(たなか なな)さん
 3年 中島 緋菜(なかしま ひな)さん
 3年 安本 亜矢(やすもと あや)さん
 3年 山手 莉香(やまて りか)さん
 3年 河本 丸匠(かわもと まるみ)さん
 3年 今田 悠月(いまだ ゆづき)さん

報告の様子の写真1 報告の様子の写真2


 生徒たちは,
 「『本が好き!読書が好き!』を合言葉に集まった図書部です。」
 「中国新聞の『青春文学館』をはじめ,『ひろしま教育の日』のメッセージなどにいろいろ応募したり,読書週間には部員同士で,自分が好きな作家や作品の面白エピソードをクイズ形式で紹介するなど,楽しみながら活動しています。」
 「視野が広がるので,少しでも多くの人に本を読んでもらえると,嬉しいです。」
 等と,述べました。

 

記念撮影

 教育長は,
 「みなさんいろんなジャンルの本を読んでいるのですね。素晴らしいです。」
 「卒業後も,みなさんそれぞれの活躍を期待しています。頑張ってください。」
 と,「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントし,エールを送りました。
 

 ⇒ 廿日市西高等学校ホームページ外部リンク

 

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする