ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

タスカー・ミルワード校との姉妹校交流について報告しました(湯来南高等学校)

送別会

第18回短期留学における送別会の様子


 12月6日(火曜日)から19日(月曜日)までの間,湯来南高等学校の生徒3名がイギリスのタスカー・ミルワード校で語学研修,文化交流,歴史探訪等を通して異文化間協働活動を行いました。
 両校は,平成10年3月に姉妹校提携を締結以降,湯来南高等学校では,これまでに計18回,延べ74名の生徒がタスカー・ミルワード校を訪れています。また,タスカー・ミルワード校の生徒を計16回受け入れており,継続して交流を行っています。

 1月18日(水曜日),第17回と第18回訪問で姉妹校交流を行った生徒4名が教育長を訪問し,交流の様子を報告しました。

 2年 佐伯 幹太(さえき かんた)さん
 3年 佐川 宝(さかわ たから)さん
 3年 籾木 虎太郎さん(もみき こたろう)さん
 3年 福岡 正枝(ふくおか まさえ)さん

懇談の写真1 懇談の写真2 懇談の写真3

 生徒たちは写真を示しながら,
 「ウェールズ語は英語と全く違い,難しかったです。ウェールズ語での自己紹介はとても緊張しました。」
 「エネルギー実験の授業に参加したり,フランス語の授業を受けました。」
 「近隣の小学校を訪れ,コマを紹介したり,一緒に折り紙を折ったり,浴衣の着付けをしました。」
 「今回初めての訪問でしたが,これまでに受け入れたことのある生徒と会うことができました。イギリスにも家族がいるようでうれしかったです。」
 「和太鼓部に所属しているので,去年は法被を着て,小太鼓と篠笛でパフォーマンスを披露しました。」
 「将来は,英語を使った仕事に就きたいと思います。」
等と,交流の様子や将来の夢について話しました。
 教育長は,
「日本と生活様式の違う国での生活はいい経験になりますね。」
「これからもそれぞれの進路に向かって頑張ってください。」
と生徒たちを激励し,「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントしました。

集合

  ⇒湯来南高等学校ホームページ  

この記事をシェアする