ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2016ひろしま総文,最後の活動を行いました!(2016ひろしま総文)

 7月30日(土曜日)から8月3日(水曜日)まで,県内8市で開催された「第40回全国高等学校総合文化祭(2016ひろしま総文)が終了し,これまでの2年間,活動を続けてきた生徒たちにとっての最後の活動のひとつとして,教育長を表敬訪問し,大会の報告を行いました。
        
 8月17日(水曜日),教育長を訪問したのは,次の8名です。

 生徒実行委員会委員長 平田 みやび(ひらた みやび)さん (県立広島商業高等学校)
 生徒実行委員会副委員長 阪本 匠(さかもと たくみ)さん (県立広島観音高等学校)
 総務委員会委員長 青木 悠太朗(あおき ゆうたろう)さん (県立広島国泰寺高等学校)
 総合開会式委員会委員長 土肥 美玲(どい みれい)さん (県立広島国泰寺高等学校)
 パレード委員会委員長 吉岡 利紗(よしおか りさ)さん (県立尾道北高等学校)
 広報デザイン委員会委員長 北林 真衣(きたばやし まい)さん (県立広島国泰寺高等学校)
 国際交流委員会委員長 中島 愛莉(なかしま あいり)さん (県立高陽東高等学校)
 記録編集委員会委員長 山根 摩耶(やまね まや)さん (県立呉商業高等学校)

報告の様子の写真1 報告の様子の写真2

 生徒たちは, 
 「自分の役割について考え,仲間のみんなと協力して活動しました。」
 「初めは,委員長としてみんなをまとめるのは大変でしたが,みんなで作り上げる喜びを学ぶことができました。」
 「パレードを行うとき,交通規制をしたりすることで,自分たちだけではない,いろんな人の力を借りて成り立っているんだなと改めて実感しました。」
 「人に任せること,信頼関係の大切さを学びました。」
 「他の国の人と交流することで,視野が広がりました。」
 「人見知りがちでしたが,活動をとおしてコミュニケーション力がつきました。今後にいかしていきます。」
 等と話しました。          

記念撮影

 教育長は,
 「良い大会でした。広島の高校生の底力をしっかりアピールできましたね。」
 「この活動をとおして学んだこと,培ったことを今後の人生にいかしていってください。」
 と話し,「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントしました。

 

 ⇒「2016ひろしま総文」ホームページ外部リンク

 

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする