ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「TOP RUN 世羅 プロジェクト」設立について教育長に報告しました(世羅高等学校)

 県立世羅高等学校では,輝かしい歴史と伝統を継承・発展させるため,「TOP RUN 世羅」を合言葉に,果敢に挑戦する学校として未来に突き進んでいます。
 普通科・農業経営科・生活福祉科では,地元はもとより世界に貢献できる人材の育成に取り組んでいます。
 また,地域からも絶大な応援をいただき,昨年度全国高等学校駅伝大会で史上2校目となる男女同時優勝を成し遂げました。
 

全国高校駅伝史上2校目となる男女同時優勝の写真
全国高校駅伝史上2校目となる男女同時優勝

 5月31日(木),教育長を訪問したのは,次の4名です。

 青山学院大学 陸上競技部 原 晋(はら すすむ)監督
 世羅高校 男子陸上競技部主将 3年 吉田 圭太(よしだ けいた)さん
 同校 堀 健太郎(ほり けんたろう)校長
 同校 陸上競技部 岩本 真弥(いわもと しんや)監督

吉田さん 原さん

 原さんは,
 「卒業生として母校に協力できることを嬉しく思います。夢のあるものにしたいです。」
 等と,話しました。
 吉田さんは,
 「他校では経験できないと思うのでしっかり指導を受けて,将来,東京オリンピックに出場できるよう頑張りたいです。」
 「まずは,全国高等学校駅伝競走大会で3連覇できるよう,チーム一丸となって頑張ります。」
 等と,話しました。
 教育長は吉田さんに「不動心」と自筆した色紙をプレゼントし,
 「自分らしく,そして何ものにも動じない人になってください。今後が楽しみです。頑張ってください。」 
 と,エールを送りました。

記念撮影

 

 ⇒世羅高等学校ホームページ

 

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする