ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島市長賞受賞を教育長に報告しました(豊田高等学校)

 豊田高等学校では,10年以上前から「暴走族・非行少年グループ追放に関する標語コンクール」(広島県暴走族・少年非行防止対策会議)に積極的に応募していて,同校からは,これまで広島県知事賞をはじめ,多くの賞を受賞しています。
 今年度のコンクールにおいて,3年生の平本 彩花(ひらもと あやか)さんが,「広島市長賞」を受賞しました。

 平本さんの作品 「暴走で 家族の笑顔 消えていく」
 
 1月22日(金),教育長を表敬訪問し,受賞の報告をしました。

懇談    記念写真

 教育長から,
 「どのような思いを込めて標語を作成しましたか。」
と尋ねられると,平本さんは,
 「家族の笑顔をなくしてはいけないと思いましたので,それを標語にしました。」
と答えました。
 また,平本さんは,学校生活や将来の夢についても話しました。

 教育長は,
 「いい言葉を考えて発信するということは大事ですね。また,毎年,学校から入賞作品が選ばれるというのは,みんなの目標にもなりますね。」
 と述べました。そして,
 「夢に向かって,これからも頑張ってください。」
と激励し,「善く生きる」と自筆した色紙を手渡しました。

 同校からは平本さんの他に,次の生徒が入選を果たしました。

 (入賞作品)
 入選
   暴走の 行き着く先に 何がある            河賀 健人(かわか けんと)


豊田高等学校ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする