ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

100周年記念式典開催と空手世界大会優勝を教育長に報告しました(神辺高等学校)

 神辺高等学校は,大正5年(1916年)12月1日に広島県深安郡に農事講習所として設立され,平成28年で創立100周年を迎えます。同校の生徒会執行部は,平成28年11月19日(土)に開催する100周年記念式典に向けて活動しています。
 また,少林寺空手の選手である同校の生徒が,平成27年8月2日(日)に台湾で行われた,世界大会「第3回少林寺流国際親善空手道選手権大会 in 台湾」へ出場し,組手の部 高校男子重量級で優勝しました。
 
 平成28年1月18日(月),教育長を訪問し,活動の報告や今後の抱負を述べたのは,次の4名です。
 
 【生徒会執行部】
   2年 山岡 大樹(やまおか だいき)さん
   2年 瀬尾 浩結輝(せお ひろゆき)さん
   2年 羽原 大地(はばら だいち)さん
 【少林寺空手選手】
   2年 宮崎 滝冴(みやざき りゅうき)さん

 

 

 

 

 

報告の様子の写真1 報告の様子の写真2


 生徒たちは,
 「100周年を迎えるにあたって,あいさつ運動や学校内外の清掃活動に取り組んでいきます。」
 「来年の広島で開催される世界大会で優勝できるよう頑張ります。」
 等と,話しました。
 
 教育長は,
 「それぞれの目標に向かって頑張ってくださいね。」 
 と,話しました。

 

 

 

 

記念撮影

 ⇒神辺高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする