ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全国高等学校駅伝競走大会で男女同時優勝!(世羅高等学校)

 世羅高等学校陸上競技部が,12月20日(日)に京都市で開催された男子第66回・女子第27回全国高等学校駅伝競走大会において,史上2校目となる男女同時優勝を果たしました。
 男子は大会新記録を更新し,2年連続9回目の全国制覇で,史上最多優勝となりました。
 女子は10年連続10回目の出場で,初の栄冠をつかみました。
 
 12月24日(木),男女優勝メンバーが,県議会議長,県知事及び教育長を訪問し,優勝の報告をしました。
 

 

 

男子

女子

1区 3年 中島 大就(なかしま たいじゅ) 3年 小吉川 志乃舞(こよしかわ しのぶ)
2区 3年 井上 広之(いのうえ ひろゆき) 1年 大西  響(おおにし ひびき)
3区 3年 ポール・カマイシ      ※当日欠席 3年 長尾 明日香(ながお あすか)
4区 2年 吉田 圭太(よしだ けいた) 3年 浅田 琴音(あさだ ことね)
5区 3年 山口 和也(やまぐち かずや) 2年 向井 優香(むかい ゆうか)
6区 3年 植村 拓未(うえむら たくみ)
7区 3年 新迫 志希(しんさこ しき)
補員 3年 安永 直斗(やすなが なおと) 2年 見田 杏花(みた きょうか)
補員 2年 長嶺 龍之介(ながみね りゅうのすけ) 1年 藤倉 美和(ふじくら みわ)
補員 1年 デービッド・グレ      ※当日欠席 1年 森長 彩理(もりなが あやり)

 

 県議会議長を訪問

 平田県議会議長は,
 「男女同時優勝というのは,なかなか成し遂げられないことです。素晴らしい結果に感慨無量です。」
と,活躍を称えました。
議長1 議長集合 

 県知事を訪問

 男子キャプテンの新迫さんは,
「連覇と新記録が達成でき,うれしく思います。」
 女子キャプテンの小吉川さんは,
「目標にしていた優勝がかないました。たくさんの方々のおかげです。」
と,優勝の喜びを語りました。 
 湯崎県知事は,
「女子のアンカーの逆転は感動的でした。みんなのつながりがあってこその優勝です。男子も優勝候補としてプレッシャーがある中での連覇は素晴らしいです。心から敬意を表します。」
と,賛辞を贈りました。
知事 集合 

 教育長を訪問

  生徒たちは,
 「1区から6区までいいタイムで来ていたので,優勝のテープを切ることができて気持ち良かったです。」
 「自分の走りができました。」
 「来年は,自分がチームを引っ張っていきたいです。」
と,それぞれが大会に対する思いを話しました。
 教育長は,
 「全員の力があってこその男女同時優勝です。みなさんの活躍は県民のみなさんに喜びと元気を与えてくれました。」
と健闘を称えるとともに,
 「これからもしっかり練習を積み重ねて,世羅の伝統の走りを引き継いでください。」
と,生徒たちの今後の活躍に期待を寄せました。
懇談の様子の写真1 懇談の様子の写真2 集合

世羅高等学校ホームページ 

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする