ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国際交流の成果,全国高等学校総合文化祭への取組を報告(熊野高等学校)

 8月10日(月),熊野高等学校芸術類型クラスの次の生徒たちが教育長を訪問し,芸術の専門性を生かした活動や,今後の活動の抱負を写真を使って述べました。

 <音楽コース・吹奏楽部>
     2年生 梅下 裕也(うめした ゆうや)さん
                 山村 悠太(やまむら ゆうた)さん
 <書道コース・書道部>
     3年生 住川 友理(すみかわ ゆり)さん
     2年生 井ノ下 由梨(いのした ゆり)さん
 <美術コース・美術部>
     3年生 寺崎 瑞歩(てらさき みずほ)さん
     2年生 高瀬 結衣(たかせ ゆい)さん 
音楽コースについて書道コースについて美術コースについて
 
 <音楽コース・吹奏楽部>
 「音楽に関して同じ目標を持った仲間たちと学べるので,やりがいがあります。」
 「年間を通して,演奏する機会がたくさんあるので,楽しいです。」
              
 <書道コース・書道部>
 「書道パフォーマンスを行うときは,構成やバランスを部員のみんなで考えて,練習しています。」
 
 <美術コース・美術部>
 「作品をとおして,ものをつくる楽しさを学びました。みんなにも伝えていきたいです。」
等と話しました。
 
 また,平成28年度に開催される,2016ひろしま総文の生徒実行委員会のメンバーとなっている生徒は,
 「2016ひろしま総文の大会成功に向けて,PR活動に取り組んでいきたいです。」
と,意気込みを語りました。 
 教育長は,
 「これからも一層センスを磨いて,人びとを感動させていってください。」
と,話しました。
記念撮影
 

 ⇒熊野高等学校ホームページ

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする