ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ソニー子ども科学教育プログラム最優秀校を受賞(東広島市立河内小学校)

 東広島市立河内小学校が,平成26年度ソニー子ども科学教育プログラム最優秀校を受賞しました。

 河内小学校では,豊かな自然に囲まれた環境を活かし,6年間にわたり,「科学が好きな子供」を育成する実践を行っています。地道な実践を積み重ね,応募した教育論文のテーマでもある「主体的に追究し友と学び合い意欲的に活動する子ども」の育成を図ってきました。継続的に子供に寄り添い,指導を振り返って改善に努めながら進めてきた取組の成果が,子供の学ぶ姿や指導計画に具現化されています。

 

活動の様子の写真1 活動の様子の写真2 活動の様子の写真3

 1月29日(木),6年生の大原 伊吹(おおはら いぶき)さん,東 笑子(ひがし えみこ)さんが,児童代表として教育長を訪問し,受賞の報告を行いました。

 

集合写真 歓談

 児童たちは,教育長から理科の授業でどんな学習をしているのかを質問され,電熱線の太さを変えて発熱の度合いがどのように違うのか調べる実験について,自分の考えなどを説明しました。

 また,日ごろ全校で取り組んでいる「童謡の一人歌い」の持ち歌を2人の児童がそれぞれ披露しました。作詞者の気持ちを考えながら,気持ちを込めて歌う姿に,教育長は温かい拍手を贈りました。

東広島市立河内小学校ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする