ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県知事賞受賞等を教育長に報告(豊田高等学校)

 豊田高等学校3年生の山本 心(やまもと こころ)さんが,「平成26年度 暴走族・非行少年グループ追放に関する標語コンクール」において,最上位の「広島県知事賞」を受賞しました(山本さんの作品:「その行為! 未来の自分に 誇れるの?」。
 1月23日(金),教育長を表敬訪問し,受賞の報告をしました。

集合写真歓談

 暴走族・非行少年グループ追放に関する標語コンクールは,広島県暴走族・少年非行防止対策会議が主催しています。

 教育長から標語を作成した経緯について質問を受けた山本さんは,「賞をとろうとして考えたのではなく,すっと思ったことを標語にしました。」と答えました。
 また,山本さんは,普段取り組んでいるボランティア活動について話し,「将来は保育士になりたい。」と今後の目標を述べました。

 教育長は,山本さんの作品について「最後に『?』で終わっているところが良いですね。投げかけていて,心に響きます。」と述べました。
 また,「善く生きる」と自筆した色紙をプレゼントし,「将来の夢に向かって,頑張ってください。」と話しました。

 山本さんの他に,同校生徒4名についても,同コンクールの広島市教育委員会賞受賞,入選を果たしました。

 (コンクール入賞作品紹介)
 広島県知事賞
   その行為! 未来の自分に 誇れるの?    山本 心(やまもと こころ)
 広島市教育委員会賞
   その行為 きっと誰かが 泣いている           大谷 日紗乃(おおたに ひさの)
 入選
   暴走は 命けずって 親泣かし                     脇田 真帆(わきた まほ)
   消さないで 家族の笑顔 暴走で                 平本 彩花(ひらもと あやか)
   考えろ! まだ大丈夫! やり直せ!          牛原 華子(うしはら かこ)

 これらの入選作品は,2月16日から27日までの間,県庁本館2階ギャラリーに展示されます。

豊田高等学校ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする