ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県体育・スポーツ知事表彰式を開催

 12月5日(金)に,県庁で,広島県体育・スポーツ知事表彰式を開催しました。

 これは,スポーツにおける国際大会や全国大会において優秀な成績を収め,県民に明るい話題を提供し,県勢の高揚に寄与した個人又は団体を,広島県知事が表彰するものです。
 今年度は,のべ80名(個人37名,4団体43名)が受賞しました。
 → 被表彰者一覧はこちら(PDFファイル)(230KB)

 知事あいさつ,県議会議長祝辞に続き,受賞者を代表して,第69回国民体育大会ライフル射撃競技で優勝した中重勝選手が「今後も精進し頑張ります。また,広島県スポーツの発展に尽力していきます。」と謝辞を述べました。

記念撮影1 記念撮影2

教育長を表敬訪問

 表彰式に引き続き,受賞者のうち,つま恋カップアーチェリー大会男子団体等で活躍した,可部高等学校2年生の奥勇登(おく ゆうと)選手が,教育長を表敬訪問しました。

 

報告 記念撮影3

 奥選手は,「部活動の仲間と一緒に,もっと強くなれるよう頑張ります。」と話しました。
 奥選手の活躍ぶりや今後の抱負を聞いた教育長は,「一意専心」,「善く生きる」と自筆した色紙をプレゼントし,「これからの活躍も楽しみにしています。」と,激励しました。
 ⇒可部高等学校ホームページ

 

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする