ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

技能五輪全国大会の競技職種「西洋料理」に出場(総合技術高等学校)

 総合技術高等学校3年生の木城慶也(きしろ よしや)さんが,11月28日から12月1日まで愛知県で開催される第52回技能五輪全国大会の競技職種「西洋料理」に,社会人に混じって唯一の高校生として出場します。

調理の様子

 「技能五輪全国大会」とは青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会です。競技種目「西洋料理」では,課題として魚の前菜,仔牛と仔羊の肉を使ったメイン料理,大会当日に出題されるデザートを7時間かけて4人分作ります。

 全国大会に出場するにあたり,11月13日(木)に木城さんが教育長を訪問しました。
 木城さんは,「料理を作るのも好きですが,自分の料理を食べた人が笑顔になるところが一番好きです。大会に向けてまだ不十分な点もありますが,大会までの残りの時間を使って修正していきます。」と大会への抱負を述べました。
 教育長は「料理は奥が深い。社会人に負けないよう,さらに良いものを作って頑張ってください。」と,エールを送りました。

教育長を訪問 集合写真

 総合技術高等学校の生徒はこの大会に3年連続で出場しています。昨年,この大会に出場した同校の卒業生も社会人として出場するので,木城さんは「先輩に負けられない。」と熱い思いを持ち,全国大会に臨みます。

 ⇒総合技術高等学校ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする