ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ワイパフ高校(アメリカ合衆国ハワイ州)交流団が教育長を表敬訪問(福山葦陽高等学校)

 6月9日(月),福山葦陽高等学校と平成25年10月に姉妹校協定を締結した,アメリカ合衆国ハワイ州 ワイパフ高校の生徒3名教員2名の交流団と,福山葦陽高等学校の生徒3名が,教育長を表敬訪問しました。

集合写真発表

 交流団からレイと木箱をプレゼントされ交流内容を聞いた教育長は,「文化等で相互の違いを見つけ,お互いに高めあいながら,今後も交流をしっかり深めてください。」と話し,宮島鳥居彫のお盆と,生徒へは「善く生きる」,職員へは「友好」と自筆した色紙をプレゼントしました。

 ワイパフ高校の交流団は,二週間滞在し,交流を深めました。

平和公園

平和公園を訪問

平和の大切さについて学びました。

授業風景

福山葦陽高等学校の生徒と交流

自己紹介,福山葦陽高校とワイパフ高校それぞれの紹介,姉妹校の紹介など,英語で交流しました。
質問もたくさん出て,活気のある交流ができました。

書道授業風景

3年生の書道の授業で,好きな漢字を選び,本校生徒の指導のもと練習し,団扇に清書しました。ハワイへのよいお土産になりました。
茶道

葦陽祭での交流

茶道部によるお点前で,お茶を頂きました。日本の伝統文化の一端を肌で感じることができたようで,ハワイからやってきた彼らにとって,お抹茶の味は少し苦かったようでした。その苦さもよい想い出となりました。

 6月17日,ワイパフ高校の3名の生徒は,二週間の滞在を終え,ハワイに帰国しました。
 9月には,福山葦陽高校の10名の生徒が, 二週間の予定でワイパフ高校に短期留学をします。今後,更に,両校の交流を深めていく予定です。

 ⇒福山葦陽高等学校ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする