ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中世衣装の引渡し式を開催しました(県立歴史博物館)

壺装束の写真
 壺装束

 県立海田高等学校家政科,吉田高等学校生活福祉科,世羅高等学校生活福祉科及び庄原実業高等学校生活科学科の皆さんが,広島県立歴史博物館の依頼により,着用体験ができる日本の中世衣裳を製作しました。
 製作した衣裳は,海田高校が当時の女性の外出着である「壺装束(つぼしょうぞく)」大人用1着・子供用1着,吉田高校が女性の普段着「小袖(こそで)」小児用1着,庄原実業高校が「小袖」大人用1着,世羅高校が男性の仕事着「括袴(くくりばかま)」1着,計5着です。

 

生徒挨拶の写真
生徒代表あいさつ

衣装贈呈の写真
衣装の贈呈

 これらの衣裳の引渡し式が,2月24日(月)に教育長室で行われました。
 生徒たちは,衣装を製作する際に苦労した点・工夫した点や,どのような思いで作ったかということについて,教育長に話しました。
 また,衣装を贈呈された教育長は,「中世衣装の製作は,今年で3年目になりますが,皆さんの先輩が製作した中世衣装を着用された方々から『中世にタイムスリップしたようだ。』などと,大変好評を得ています。今回の作品も素晴らしく,来館者の方々に喜んでいただけると思います。」とお礼を述べました。

 

記念写真
集合写真

懇談中の写真
懇談中

 引渡しを受けた衣裳は,来館者が着用するため,容易に着脱ができるよう工夫されています。
 今後は,県立歴史博物館2階の草戸千軒I展示室に置き,来館者が自由に着用して中世の世界を体験することができます。 

海田高等学校ホームページ
吉田高等学校ホームページ
世羅高等学校ホームページ
庄原実業高等学校ホームページ
県立歴史博物館ホームページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする