ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「平成25年度中国地区牛乳・乳製品料理コンクール」で最優秀賞を受賞(広高等学校)

  11月2日(土),岡山県で「平成25年度中国地区牛乳・乳製品料理コンクール」が開催され,広高等学校2年生の花田瑳希(はなだ さき)さんが参加し,見事1位の最優秀賞を受賞しました。

大会で調理中の様子

麻婆乳腐(マーボーニュウフ)
<麻婆乳腐(マーボーニュウフ)>

平成25年度中国地区牛乳・乳製品料理コンクール

 高校生以上の人を対象に,中国地方5県から集まった応募総数は1172作品。県大会を勝ち上がった10名が当日会場で調理し,自慢の作品を披露しました。

 花田さんが作ったのは,牛乳で作った豆腐に麻婆あんを絡めた「麻婆乳腐(マーボーニュウフ)」。「牛乳のまろやかさと麻婆豆腐の辛さは合うのでは」と思いつき,このレシピを作りました。

 12月17日(火),花田さんは教育長を訪問し,大会の成績を報告しました。
 牛乳のまろやかさを生かすため生クリームを入れたこと,牛乳の栄養をすべて使うためホエーを麻婆あんに加えたこと等,レシピのポイントを教えてくれた花田さん。
 教育長は「甘さと辛さを合わせた作品を作り,大人もいる中で最優秀賞を受賞するなんてすごいですね。」と話し,花田さんは「この経験から,料理の奥深さを学び,達成感を感じました」と笑顔で話しました。

教育長に報告しました 麻婆乳腐

 花田さんの作ったレシピを掲載しています(中国生乳販売農業協同組合連合会ホームページ)

 ⇒広高等学校ホームページ 

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする