ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

姉妹校交流&校訓『心美体健』ストラップ完成を教育長に報告(河内高等学校)

 県立河内高等学校は,台湾の新北市立金山高級中學との姉妹校交流として,今年9月に『台湾ホームステイ研修』を行い,11月に同中學日本國際教育旅行団(30名)を迎えました。

台湾ホームステイ
台湾ホームステイ研修の様子(学校訪問)

台湾ホームステイ
台湾ホームステイ研修の様子(授業)

 また,12月には,「高校3年間で心は美しく健康でたくましく育ってほしい」という願いが込められている校訓を体現するマスコットキャラクターの『心美(しんび)ちゃん・体健(たいけん)くん』をモチーフにしたストラップが完成しました。

金山高級中学
金山高級中學日本國際教育旅行団が河内高校を訪問

河内高校
『心美体健』ストラップ

 12月12日(木),同校の生徒代表4名が,教育長を表敬訪問し,これらの活動について報告しました。
 表敬訪問をしたのは,2年生 中垣 智裕(なかがき ともひろ)さん,信藤 悠介(のぶとう ゆうすけ)さん,1年生 黒木 唯(くろぎ ゆい)さん,山崎 瑛菜(やまさき あきな)さん。

河内高等学校

 台湾ホームステイ研修に参加した生徒は,「最初はとても緊張しましたが,異文化を体験して,とても勉強になりました。」と話しました。
 教育長は,「生徒同士がつながりを持つことは大事です。今後さらに交流を深めてください。」と話しました。

 また,ストラップデザインが採用された生徒は,「今,校訓を題材にした短歌を全校生徒に募集していますが,今後も新たなことに挑戦しようと思います。」と今後の抱負を述べました。
 教育長は,「みんなで力を合わせて学校を盛り上げてください。保護者,地域の皆さんに愛される学校となるよう,また,自分の夢が実現できるよう目標を持って色んなことにチャレンジしてください。」とエールを送りました。

 ⇒昨年12月に表敬訪問した際の様子

 ⇒河内高等学校ホームページ

 

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする