ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ベルギーの高校生が来広し,安芸府中高等学校の生徒と交流しました

安芸府中1安芸府中2

 7月13日(土),14日(日)の2日間,ベルギーのブリュッセル国際学校(ISB)の高校生(16名)と教職員が広島を訪問し,県立安芸府中高等学校の生徒(10名)と交流しました。

 13日(土)は,平和記念資料館,平和公園,原爆ドームを観光しました。平和記念資料館でベルギーの高校生と初対面した時は,少し恥ずかしそうな様子でしたが,徐々に打ち解け,英語で積極的にコミュニケーションを図っていました。

安芸府中3安芸府中4

 14日(日)は,宮島に行き,厳島神社を観光しました。行きのバスの中で,宮島工業高等学校の生徒が作った扇子を英語で紹介し,プレゼントしました。気温と湿度の高さに疲れが見えたベルギーの高校生に大変喜ばれ,さっそく使う生徒もいました。

 交流を終えた安芸府中高等学校の生徒からは,「とても楽しかった。こういう機会がまたあったら是非参加したい。今回,伝えたいことを英語で表現できないこともあったので,もっと勉強して力をつけたい」と前向きな声が聞かれました。

 

県立安芸府中高等学校ホームページ

県立宮島工業高等学校ホームページ

この記事をシェアする