ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

エリザベスカレッジ訪問団が教育長を表敬訪問(広島井口高等学校)

 

 

集合写真
教育長と一緒に記念撮影

プレゼント
お土産贈呈(モーリーさん)

 7月11日(木),県立広島井口高等学校と姉妹校提携をしているオーストラリア タスマニア州立エリザベスカレッジの12名(生徒9名・教員3名)と,広島井口高等学校の生徒及び関係者8名が,教育長を表敬訪問しました。

 表敬訪問したエリザベスカレッジの生徒は,ニーナ・カヴァレッタさん,タカニ・クラークさん,イーモン・コービーさん,クレーア・エリオットさん,キャサリン・ルクレジオさん,モーリー・ネサリーさん,エマ・ロッダムさん,ローラ・スモレイさん,ロザリー・ウォルドックさんの9名。
 また,広島井口高等学校の生徒は,田中舞(たなか まい)さん,西原未紗(にしはら みさ)さん,石口茉季(いしぐち まき)さん,白川愛花(しらかわ あいか)さんの4名。 

 

オーストラリアあいさつ
エリザベスカレッジ生徒代表あいさつ
(ロザリーさん)

広島井口あいさつ
広島井口高校生徒代表あいさつ
(田中さん)

タスマニア州教育長メッセージ代読の写真
タスマニア州教育長メッセージ代読
(西原さん,ローラさん)

 

 両校の代表生徒によるあいさつの他,お土産の交換を行いました。 
 教育長は,「友好」「善く生きる」と自筆した色紙を1人1人にプレゼントし,「広島県は,全県立学校で姉妹校提携を締結するよう取り組んでいます。他の学校に先んじて,平成10年に姉妹校提携締結を行った両校は,お手本になります。今後も交流を深めてください。」と話しました。  

 エリザベスカレッジの生徒たちは,7月3日(水)に広島入りし,13日(土)までの11日間,広島井口高等学校の生徒・教員の自宅にホームステイしながら,授業などに参加しました。

英語授業
英語の授業に参加

書道
日本文化の書道を体験

茶道
日本の伝統文化を体験(茶道)

 

 


 広島井口高等学校からも16名(生徒15名,教員1名)が,7月30日から8月13日までの約2週間,エリザベスカレッジを訪問し,語学研修を行う予定です。

 


 ⇒広島井口高等学校ホームページ外部リンク

この記事をシェアする