ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「2012年度ジュニア・マリン賞」中学生部門で最優秀賞を受賞(大柿中学校)

 

日本海事広報協会会長賞 大柿中学校
日本海事広報協会会長賞を受賞した科学部の生徒

 研究内容パネル

 

 日本海事広報協会主催の「2012年度ジュニア・マリン賞」において,中学生部門の最優秀賞「日本海事広報協会会長賞」を受賞した,江田島市立大柿中学校科学部の生徒が,4月30日(火)に教育長を表敬訪問しました。

 表敬訪問したのは,同部所属の金川 佑樹(かねがわ ゆうき)部長,石田 悠人(いしだ ゆうと)副部長,大木 慶亮(おおき けいすけ)君,皆川 暁慶(みながわ あきのり)君,小笹山 典子(こささやま のりこ)さん,小柳 丈(こやなぎ じょう)君,桝本 将規(ますもと まさのり)君の計7名。

 このジュニア・マリン賞は,高校生以下の学生を対象として,海運や船・港,海に関連する研究をテーマに,社会科・理科または総合的な学習の時間などにおける調べ学習,自由研究レポートを応募対象としています。
 全国から486作品の応募があり,その中で,大柿中学校科学部の応募作品「江田島のマテガイを採る!食べる!学ぶ!~マテガイからみた里海の豊かさ~」が,中学生部門の最優秀賞を受賞しました。

 

大柿中学校の写真1 大柿中学校の写真2
   

 この日は教育長の前で,自分たちの研究についてのプレゼンテーションを行い,皆少し緊張していましたが,最後までしっかりと発表することができました。また,研究を始めた動機や苦労したこと,マテガイの美味しい食べ方などについての話をしました。

 教育長は,「善く生きる」と自筆した色紙を生徒一人一人にプレゼントし,「今やるべきことをしっかりやって頑張ってください。」と激励しました。

 最後に,科学部部長の金川君が「新種の生物を発見したい。」と今後の抱負を語ってくれました。

江田島市立大柿中学校ホームページ

この記事をシェアする