ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中国日本語研修生の受入れが今年で10周年を迎えました。(上下高等学校)

中国浙江省平湖市職業中等専門学校からの研修生研修生第10期生教育長を訪問
教育長お勧めの本を貸し出し
教育長のおすすめの本を紹介中

 上下高等学校は平成14年から,中国浙江省平湖市職業中等専業学校からの研修生を毎年3名ずつ受け入れており,今年でこの受入れが10周年を迎えました。そして10周年記念行事が昨年12月に中国で,今年1月に広島で開催されました。

 来日している研修生第10期生の黄 琳娜(フアァン リンナー)さん,孫 亦雯(スン イーウェン)さん,任 梦玲(レン モンリン)さんの3名が2月12日(火)に教育長を訪問しました。
 研修生たちは異文化を学んで視野が広がり世界観や価値観が変わったこと,1つの国の視点ではなくもっと大きな視点から物事を考えるようになったこと等,日本へ来てからの自分自身の成長を話しました。
 そして,「将来は大学で日本文学を学び,中国で日本語の教師になりたいです。」「経済や経営を学び,大学の先生になりたいです。」「私はいろんな言語を学んで,多言語の翻訳者になりたいです。」と,それぞれに今後の夢を語りました。

 教育長は「みなさん流暢に日本語を話していてすばらしいですね。夢が実現できるようにこれからも頑張ってください。」とエールを送りながら,それぞれの研修生が興味を持つ分野についての,教育長おすすめの本を紹介しました。

上下高等学校ホームページ

この記事をシェアする