ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「学びのセーフティネット」構築事業について

事業目的

 貧困の世代間連鎖を断ち切るため,家庭の経済的事情等に関わらず,全ての子供の能力と可能性を
最大限高められる教育を実現する。

背景

○ 子供の貧困は,家庭が貧困状態にあることにより,子供が厳しい成育環境に置かれるだけでなく,
 それにより子供の成長過程で十分な学力や社会性等が身に付かず,成長後,その子供も低所得となる
 「貧困の連鎖」が課題と考えられている。
○ 「貧困の連鎖」の解消に向け,家庭の経済的事情等に関わらず,全ての子供が健やかに夢を育み,
 能力と可能性を最大限に高めることができる教育を進める必要がある。

事業開始までの取組

学びのセーフティネット構築検討に向けた意見を聴く会(平成29年度)

広島県子供の生活に関する実態調査結果(平成29年度・健康福祉局)

事業内容

令和2年度

平成31年度

平成30年度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする