ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年度「ひろしま教育の日」フォーラムの開催等について

 広島県では,毎年11月1日を「ひろしま教育の日」と定めています。
 これは,教育の現状や教育委員会の取り組みを多くの県民の皆さんに知っていただき,学校・家庭・地域が一体となって子供たちを育てていくことを目的に,平成13年に「ひろしま教育の日を定める条例」により定められました。
 また,その趣旨にふさわしい取組を実施する期間として,11月1日から7日までを「ひろしま教育ウィーク」として定めています。

  平成13年10月10日に,本県教育の充実と発展を図るため制定された「ひろしま教育の日」の趣旨にのっとり,毎年,県,市町及び学校,地域団体等が連携して,県内全域において多彩な事業を実施しています。

 特に「ひろしま教育の日」フォーラムは,「ひろしま教育ウィーク」のメイン行事として開催しており,県民が「ひろしま教育の日」の趣旨を理解し,教育や学校に対する関心を高めることを目的として,平成14年度から開催しており,今年で14回目を迎えます。
 広島県教育委員会では,平成26年12月に新しい教育モデルを目指す「広島版『学びの変革』アクション・プラン」を定め,これまでの知識などをしっかり身に付ける学びに加えて,子供が教科などで学んだことを使って新しいことを生み出すことのできる力を身に付ける主体的な学びを積極的に推進していきます。
 今年のフォーラムは,この「主体的な学び」について,地元教育界や保護者の方をはじめ,広く県民の方々に理解を深めていただける内容となっております。

 今年のフォーラムは,10月22日(土曜日)に,三次市民ホール きりりにおいて開催します。(広島県高等学校PTA連合会広島県大会と併催)
 その中で,なぜ今「学びの変革」が必要なのか,これからの学びはどのように変わっていくのかを,先進的に取り組む学校の児童生徒の実践事例発表や高校生パネルディスカッションを通じて考えます。

→ 当日の様子はこちら

 この「ひろしま教育の日」の趣旨を広報するため,本年度も広く県民からメッセージを募集しました。今年度は5万2千件を超える応募があり,選定の結果,県立吉田高等学校2年生 玉川 七海(たまがわ ななみ)さんのメッセージ「羽ばたこう 学びと共に 広がる世界へ」を最優秀作品に選定しました。

 また,このメッセージを最もよく表現した県立熊野高等学校2年生 井手元 咲良(いでもと さくら)さんの作品を最優秀作品として選定し,ポスター及びチラシを作成しました。
   ☆ ポスター原画のPDFファイルはこちら
   ☆ チラシのPDFファイルはこちら
 9月9日(金)に平成28年度「ひろしま教育の日」メッセージ及びポスター原画表彰式を行いました。
 表彰式についてはこちら

ポスター
  
                 <メッセージ>
                     県立吉田高等学校
                     2年    玉川 七海 さん
                <ポスター原画>
                    県立熊野高等学校
                     2年    井手元 咲良 さん

広報事業


事    業    名

事      業      内      容

実施時期

「ひろしま教育の日」メッセージ募集

「ひろしま教育の日」の趣旨を広報するため,広く県民からメッセージを募集し,最優秀作品・優秀作品を選定しました。
 ⇒詳しくはこちら

募集期間

4月5日~5月13日

ポスター及びチラシの作成・配布

最優秀作品に選ばれたメッセージを用いて,ポスター(3,800枚)・チラシ(41万枚)を作成し,県内の学校・教育機関及び民間団体等に配布します。
 ⇒ポスター原画採用作品についてはこちら

9月下旬

その他

懸垂幕を県庁に掲示して広報

10月中旬~11月7日

「ひろしま教育の日」フォーラム 

日時

 10月22日(土曜日) 9時45分開始
 

時間

内容

9時00分~

会場

受付開始

9時45分~10時(15分)

アトラクション(1)

(併催行事)

10時05分~10時30分(25分)

開会行事

・国歌斉唱
・主催者あいさつ
・来賓祝辞
・来賓紹介

10時35分~10時50分(15分)

広島版「学びの変革」概要説明

広島県教育委員会 教育部長 諸藤 孝則

10時50分~11時20分(30分)

広島版「学びの変革」実践事例発表

尾道市立土堂小学校,県立御調高等学校

11時25分~12時25分(60分)

高校生パネルディスカッション

・県立三次高等学校
・県立日彰館高等学校
・県立庄原実業高等学校
・県立御調高等学校

13時00分~13時50分(50分)

アトラクション(2)(3)

(併催行事)

14時00分~15時30分(90分)

講 演

(併催行事)

15時35分~15時50分(15分)

PTA事例発表

(併催行事)

15時55分~16時10分(15分)

閉会行事

 当日の様子はこちら

場所

 三次市民ホール きりり(三次市三次町111-1)

主な内容 

花 広島版「学びの変革」実践事例発表

尾道市立土堂小学校

県立御調高等学校

土堂小尾道の空き家問題の解決に向け,児童が地域の空き家を調査し,地域の人等に自ら情報収集したことを基に主体的に対話し,解決策を提案・実行しています。児童は空き家に対する価値観が変わり,尾道市民としてのアイデンティティが育まれています。御調高校御調の5つの宝に焦点を当て,各教科・科目の学習で得た知識・技能等を活用して地域の課題を探究する体験的・実践的な学習活動を行っています。生徒は地域での実践やその振り返りをとおして,物事を多面的に考える力や他者と協力する態度を身に付けています。

花 高校生パネルディスカッション

県立三次高等学校

県立日彰館高等学校

県立庄原実業高等学校

県立御調高等学校

三次高校

日彰館高校

庄原実業

御調高校

県内国公私立の高校生が,他国の高校生等と協働して,地域の課題と魅力を本気で考え,自ら行動する「広島創生イノベーションスクール」に参加。その一環として,都市部と山間部を繋ぐイベント「トナカイフェス」の企画・運営に携わることにより,問題解決能力やグローバルな視点を身に付けています。

「田舎主義」に基づいた教育活動を展開しています。広島大学短期交換留学生との交流を中心としたグローバルプログラムと,地域活性化プロジェクト学習などのローカルプログラムを両輪として,逆境をテコにマイナスをプラスに切り返して課題解決を図ることのできる力とチャレンジ精神を養っています。農業分野のプロフェッショナルを目指し,主体的に学ぶ姿勢などを身につけます。そして,学校独自の設定科目「地域農業探究」での『フィールドリサーチ』を通して,地域の伝統文化や産業にふれることにより,郷土を愛し,地域や産業(農業)の発展に貢献しようとする意欲と実践力を身に付けています。道の駅「クロスロードみつぎ」や福祉施設などの関係機関と連携。毎月第3日曜日に道の駅で「ありがとうデー」を実施したり,耕作放棄地の活用法として地域の新たな特産品青パパイヤを栽培・商品開発したりするなどの取組を通して,自己肯定感を持ち,様々なことに挑戦する意志を育んでいます。

 ファシリテーター : 県立広島井口高等学校 指導教諭 永尾 和子

後援

広島県議会,広島県警察本部,広島県市長会,広島県町村会,広島県市議会議長会,広島県町議会議長会,広島県都市教育長会,広島県町教育長会,(公社)青少年育成広島県民会議,広島県公立学校校長会連合会,広島県私立中学高等学校協会,広島県PTA連合会,広島県高等学校PTA連合会,広島市PTA協議会,広島県私立中学高等学校教育後援会,広島県国公立幼稚園・こども園連盟,(公財)広島県私立幼稚園連盟,広島県保育連盟連合会,広島市保育連盟

併催 広島県高等学校PTA連合会広島県大会

アトラクション

(1)県立庄原格致高等学校 邦楽部
(2)県立三次高等学校 応援(ダンス)部
(3)県立吉田高等学校 神楽部

講演

講師:宮本延春氏(エッセイスト,元高校教師,作家)
演題:「オール1の落ちこぼれ,教師になる」~創造する力で未来はひらける~

PTA事例発表

県立油木高等学校PTA

ひろしま教育ウィーク期間事業

事    業    名

事      業      内      容

実施時期

学校へ行こう週間

保育所,幼稚園,学校において開かれた学校づくりを促進するため,保護者や地域の人の参加や協力を得て,授業参観や交流事業など特色ある取組を行います。
    ⇒ 幼稚園はこちら PDFファイル  Excelファイル
        ※特色ある取組の例です。詳細については,各幼稚園にお問い合わせください。幼稚園の一覧はこちら
    ⇒ 小学校はこちら PDFファイル Excelファイル
        ※特色ある取組の例です。詳細については,各小学校にお問い合わせください。小学校の一覧はこちら
    ⇒ 中学校・中等教育学校はこちら PDFファイル Excelファイル
        ※特色ある取組の例です。詳細については,各中学校・中等教育学校にお問い合わせください。中学校の一覧はこちら 中等教育学校の一覧はこちら
    ⇒ 高等学校はこちら PDFファイル  Excelファイル
        ※特色ある取組の例です。詳細については,各高等学校にお問い合わせください。高等学校の一覧はこちら
    ⇒ 特別支援学校はこちら PDFファイル Excelファイル
        ※特色ある取組の例です。詳細については,各特別支援学校にお問い合わせください。特別支援学校の一覧はこちら

ひろしま教育
ウィーク期間中

教育委員による学校訪問

教育委員が学校を訪問し,児童生徒と交流を図ります。

文化施設の無料開放

県立の歴史民俗資料館,歴史博物館,頼山陽史跡資料館,美術館の常設展及び縮景園の無料開放

対象者:小学生・中学生・高校生

「ひろしま教育の日」関連事業 

 県内各地で様々な行事・イベントを実施します!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする