ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホットライン教育ひろしま >
  • 8月26日 細川委員が,福山市立大津野小学校の「山・海・島」体験活動(北広島町)の様子を視察しました。

8月26日 細川委員が,福山市立大津野小学校の「山・海・島」体験活動(北広島町)の様子を視察しました。

  8月26日(水),細川委員が,北広島町で実施している福山市立大津野小学校の「山・海・島」体験活動の
様子を視察しました。

   福山市立大津野小学校の北広島町での「山・海・島」体験活動は,今年度で4年目です。                                        

a

  午前中,小雨が降る中,福山市立大津野小学校の児童(5年生)は,地元,県立加計高等学校
芸北分校の生徒14名と一緒に,槙原りんご農園(北広島奥中原)で作業体験をしました。
  児童たちは,槙原さんや芸北分校の生徒たちから,作業の要領を教えてもらいながら,りんごの袋取りを
しました。後日,一緒に作業をしたりんごを槙原さんから学校へ届けてもらいました。

  りんご農園での作業体験後,児童たちは,民泊での様子などを思い思いに書いて,自分の家族に宛てて
絵手紙を作成しました。
  昼食後,芸北分校の生徒たちは,ものまねなどを披露する等して交流し,とても盛り上がりました。また,
細川委員は,激励のあいさつをしました。     

s

  a     q      

  午後からは,民泊受け入れ先の家庭を視察しました。
  民泊受け入れ先では,一緒に夕食を作ったり,農作業体験をしたりしていました。細川委員から民泊
体験の様子を聞かれた児童たちは,
「一緒に夕食を作ったりして,民泊体験は楽しいです。」
「今まで夕食を作ることはなかったけど,福山に帰っても,手伝いたいと思いました。」
などと,答えました。
  また,民泊受け入れ先の方々に受け入れについてお聞きしたところ,
「準備や受け入れ中,大変なこともありますが,子供たちからとても活力をもらっています。」
「受け入れ後も,交流が続いています。今後も受け入れ,交流を続けたいと思っています。」
などの,お答えをいただきました。

♪福山市立大津野小学校のホームページはこちら ♪

◆教育委員学校等訪問一覧に戻る

この記事をシェアする