ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成16年度体力・運動能力調査報告書2

平成15年度体力・運動能力調査報告書

調査結果のまとめ

1 全国平均値(前年度)と広島県平均値との比較

(1) 全国と広島県の抽出数等

全国

年度 抽出数 備考
12~15年度 2,256人(各年度)
(男子1,128人, 女子1,128人)
各都道府県の3校から男子8人,女子8人を一定の条件により機械的に抽出
(8人×3校×47都道府県 = 1,128人)

広島県

 

年度 抽出数 備考
12~14年度    2,785人(平均) 母集団数の約10%を抽出
15年度 26,857人 公立小学校5年生悉皆
16 年度 26,920人

(2) 全国平均値との比較

 平成15年度の全国平均値と平成16年度の本県平均値を比較すると,小学校5年生では,男子の「立ち幅とび」で全国平均値を上回ったが,その他の種目においては,下回っている。

性別 全国VS広島県 種目












20






50
















(%)
男子 12vs13 0%
13vs14 25.0%
14vs15 0%
15vs16 12.5%
女子 12vs13 25.0%
13vs14 12.5%
14vs15 0%
15vs16 0%

◎同じか上回っているもの ▲下回っているもの

(3) 全国平均値を「50」とした場合の広島県平均値の状況

 平成15年度の全国平均値を「50」とした場合,平成16年度の本県の値は,男女とも多くの種目で下回っている。
 しかし,各種目とも,「50」に近づいており,特に「立ち幅とび」の男子では,0.2ポイント全国平均値より上回った。

男子 女子

ライン

2 広島県における比較

(1)平成12~15年度と平成16年度の抽出数等

年度 母集団数 抽出数 抽出率 備考
12年度 28,567人 2,675人  9.4% 6教育事務所管内及び広島市から無作為に抽出
13年度 27,755人 2,742人  9.9%
14年度 27,724人 2,938人 10.6%
15年度 27,323人 26,857人 98.3% 公立小学校5年生悉皆
16年度 27,333人 26,920人 98.5%

※母集団数は,当該年度の公立小学校第5学年の5月1日現在の児童数 

(2)平成12年度からの比較

性別 年度 種目












20






50
















(%)
男子 12vs16 75.0%
参考 12vs13 75.0%
13vs14 50.0%
14vs15 62.5%
15vs16 87.5%
女子 12vs16 75.0%
参考 12vs13 62.5%
13vs14 50.0%
14vs15 37.5%
15vs16 100%

◎同じか上回っているもの ▲下回っているもの

 本県が,新体力テストを開始した平成12年度からの結果をみると,男女とも「握力」,「上体起こし」,「長座体前屈」,「反復横とび」,「20mシャトルラン」,「50m走」の6種目について,改善がみられる。
 男女の「立ち幅とび」,女子の「ソフトボール投げ」は,昨年度との比較では改善がみられるものの,平成12年度との比較では下回っている。
 男子の「ソフトボール投げ」は,低下傾向にある。
(参考)平成12~16年度までの各種目の平均値の推移

握力 上体起こし

長座体前屈 反復横とび

20メートルシャトルライン 50メートル走

立ち横とび ソフトボール投げ

ライン

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする