ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

一般財団法人広島県職員互助会事業概要

印刷用ページを表示する掲載日2013年4月1日

平成29年度一般財団法人広島県職員互助会事業概要

団  体  名

一般財団法人 広島県職員互助会

設置根拠

条例

所  在  地

〒730-8511 広島市中区基町10-52

県庁総務局福利課内(082-513-2262)

設 立 日

  昭和37年12月25日

  昭和56年4月1日(財団法人)

   平成25年4月1日(一般財団法人)

代 表 者

理事長 長谷川 信男(行政経営部長)

 評議員 6人 
理 事  6人 
監 事 3人

会  員  数

5,907人(H29.4.1現在)

職  員  数
(内併任職員)

事務局13人(11人)

 掛    金

給料月額の0.6%
被扶養者のない期間は0.45%

社会保険料控除率

掛金の31%

事       業      の      概      要

短期給付

【社会保険料
控除適用(会員死亡除)】

病気療養見舞金
(家族)

被扶養者の病気又は負傷で,医療費の一部負担金を支払ったとき等に支給

 ・【総医療費-共済組合給付算定額-2,300円控除】(1,000円未満切捨)
月の累計額の7割(1,000円未満切捨)を年度末に一括給付・上限10万円

死亡弔慰金

・会員の死亡10万円
・配偶者の死亡3万円

災害見舞金

会員が災害で住居・家財に損害を受けたときや,防災体制等の業務の遂行に起因して,災害により自家用車に損害を受けたときに支給

 ・災害の程度に応じ10万円,6万円,2万円,自家用車は2万円以下の必要な額

休業見舞金

会員が療養のため休職を命ぜられ給料が減額されて3か月経過後・10万円

介護支援金

会員が介護休暇の承認を受けたとき(共済組合の給付対象期間終了後)

 ・介護休暇期間1日につき,3,000円を給付(支給上限額10万円)

育児支援金

会員が育児休業をした場合に,共済組合の給付対象期間終了後,育児休業継続の場合
・10万円

その他の給付

病気療養見舞金
(本人)

会員が医療費の一部負担金を支払ったとき等に支給

 ・【総医療費-共済組合給付算定額-2,300円(調剤は1,800円)控除】(1,000円未満切捨)
月の累計額の7割(1,000円未満切捨)を年度末に一括給付・上限10万円

遺児育英資金

死亡した会員に,未就学児,小学校中学校高等学校等に在学する18歳未満の遺児があるときに,遺児1人につき10万円を支給

福利厚生事業

リフレッシュ事業

リフレッシュ事業実施会員に旅行引換券
・3万円

がん検診等強化事業

がん(胃,肺,大腸,乳,子宮,前立腺)検診,脳ドック検診,骨密度検査を実施

インフルエンザ予防接種助成事業

インフルエンザ予防接種ワクチン費用の3/4を助成(年1回)

婚活応援事業

婚活イベント等参加費を助成 年10,000円を限度

健康増進奨励金事業

事業年度内を通じて医療機関等にかからなかった場合
健康増進奨励金5,000円を支給

(新)育児情報提供事業2歳未満の子を養育する会員に,育児月刊誌を1年間提供

貸付事業

普通貸付・結婚貸付・医療貸付・生活資金貸付 (平成23年10月より償還のみ実施)

公益目的事業

児童福祉施設入所児童等
進学激励事業

児童福祉施設入所児童が高等学校等に進学したとき
1人 1万円

地域活動支援センター等
活動支援事業

障害者等の福祉の充実を図るため県内の地域活動支援センター等に助成1施設 10万円

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする